人気ブログランキング |

カテゴリ:紛争・災害ニュース( 28 )

この疫病の未来に何があるのだろう


☆イタリアは21日、新型コロナウイルスで1日に793人死亡したという。
死者の累計は4825人で致死率は約9%もあるという。
医者や看護師が3359人も感染して「医療崩壊」しているという。

イランは21日、新型コロナウイルスの感染者が前日から966人増えて計2万610人、
死者は123人増加して、計1556人になったとしている。
世界の感染者数は20万人、死者は8000人を超えた。

ウイルスに100人感染して9人死ぬイタリア・・
この数値はとても高い。事態は深刻だ。
これが国に蔓延したら1億人に対し900万人死ぬから、
人口が激減するという事態が予測される。
まさに「戦争」といえる異常事態だ。

昨日、米国の株価が大暴落した。
人が病めば経済も不二だから同じことになる。
日本だけが無事とはとても思えない。

この疫病は私たちに何をもたらすのだろう。

ともあれ、日蓮大聖人は次のように仰せられている。
「わざわいの幸はこれなり」
「騒ぎが大なる幸となるなり」

私たちには不幸を幸福に転換する力がある。
己が使命を果たすチャンスにしたい。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2020-03-22 06:21 | 紛争・災害ニュース | Comments(0)

新型コロナウイルスの存在意義


☆安易なビジネスは消える.


☆youtube.com/watch?v=YtL7OyVnrs0


昨夜、日本も米国も株価が大暴落したとのネットニュースを見ました。
詳しい内容は気持ちが悪くなりそうなので見ませんでした。
さぞかし、お苦しみの人々が沢山いらっしゃるでしょうし、
倒産や休業などの会社もこれからさらに増えるでしょう。
そのことを思うとくやしさ、悲しさがこみあげてきます。

学生の方々なども、就職活動は超氷河期になるし、
売り手市場は消え失せてしまいます。
高校野球も中止、あらゆるイベントが中止、
学会活動の再開のめども立っていません。

私は以前の会社の立場の時、投資家たちが何をしていたかを知っています。
彼らは、こんな地獄のような未来は想定していなかったし、
「こうすればこうなる」という必勝の方程式の上で生活していた。
彼らはその波に乗って、笑顔で生きていたのです。
私はそんな世界にいつも違和感を感じていました。
不用なものの押し売り、果てしなき営利の追求、ウソ、誇張・・
そんな浮いた世界がとても気味悪かったのです。

その世界に、突如、黒い大津波がやってきました。
今、彼らは呆然としているでしょう。

なぜ、このような恐ろしい崩壊が起っているのでしょうか。
つい最近まで、地球温暖化やゴミ問題などが騒がれていました。
世界中がお金や欲望の追求で苛烈な競争をしていました。
そこにコロナウイルスが流行し、冷や水を浴びせた。
二酸化炭素の排出量は経済の鈍化で減るだろうし、
経済が奈落に落ちればゴミも減るでしょう。
そう考えればコロナウイルスにも存在の意味が見えてきます。

そもそも、農業や漁業、病院や食品加工業など、
生活の基盤を支える職場で人手不足が続いていました。
汗水流す尊い仕事から人が離れ、指先で済む仕事ばかりがもてはやされる・・
それが「大悪起これば大善きたる」で、コロナショックによって
認識も動きも流れも変わる可能性が出てきました。

私は人々が、正しい認識で、平穏な生活に満足し、地に足を付けた仕事をして
平凡に生きられる生活の幸福を知るべきだと思うのです。
このピンチをチャンスに変えるにはそれしかない。
繁栄が無限に続くなどということはあり得ないから。

このコロナショックの時代に、私たちは今一度、
真実の幸せを学ぶべきと思います。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2020-03-12 05:49 | 紛争・災害ニュース | Comments(0)

新型コロナウイルスで沈静化する地元の町


☆日曜のショッピングモール.


日曜日に撮影したショッピングモールの写真を示します。
新型コロナウイルスで沈静化する地元の町_b0312424_15233943.jpg

新型コロナウイルスで沈静化する地元の町_b0312424_15233922.jpg<写真解説>
日曜日なのに人がほとんどいないショッピングモールと、昼食で注文したピザとコーラの写真です。

新型コロナウイルス流行の影響で、コンサート、スポーツ、その他様々なイベント、さらに国際間の人の移動も制限されています。
一昨日には、名古屋のデイサービス事業者(126施設)が2週間の休業を余儀なくされました。さらに感染が広がればどうなるのか・・

以下に、名古屋での休業要請に関する記事を添付します。
→sokafree.exblog.jp/29952644/

このような状況の中、私の地元の町にもその余波があります。
写真は、ショッピングモールの上部から1階フロア―を撮影したもの。
日曜日には人であふれていたショッピングモールが、正午の時間帯なのに
人の数は4分の1以下という寂しい状況でした。
この施設の食堂もテーブルが開いている状態でした。
食べている人たちも随分と静かでした。

多く白いマスクをしているし、マスクをしてない人も笑顔はありません。
商品を手に取って、ふと「ここに菌がついていたら」と気になります。
自分が感染すれば、家族にも職場にも迷惑を掛けますから、
安易に手を触れられないし、行動が消極的になります。

娯楽のイベントや宿泊施設、外食業界、交通機関などが弱まるのは分かりますが、
まさか市民の普通の生活さえ、閑散としているのですから
「これでは商売はあがったり。危ないな!」とも感じます。

さて、新型コロナウイルスの流行は衰えるのでしょうか?
今の勢いですと3月は増え続けるでしょう。
4月、衰えるのでしょうか? 広がったら・・

私の以前の会社、大変なことになっていなければいいのですが・・
何となく怖くて電話が入れられないです。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2020-03-09 04:24 | 紛争・災害ニュース | Comments(0)

コロナウイルス不況がやってくる


☆次々 イベントが中止へ.


中国・湖北省死者2000人超えを告げる新聞の写真を添付します。
コロナウイルス不況がやってくる_b0312424_19141192.jpg

写真解説「コロナウイルスの感染者が中国で7万4576人、死者2118人に達しています」

感染力の強い新型コロナウイルスが猛威を振るう中国・湖北省を
中国政府は事実上封鎖し隔離しています。
湖北省の死者数は20日0時時点の累計で2029人、
中国全土の死者数が2118人であり、中国政府の封じ込めは
ある程度の効果を出していることがうかがい知れます。

しかし、統計上のタイムラグや潜伏期間も考慮すると、
コロナウイルス感染が終息に向かっているかどうかは判断できません。
むしろ、拡散された感染者から、いつ何時、加速度を増すか
まったく予測がつかないというのが現状のようです。

一方、日本でも各地でコロナウイルスの感染が報告されています。
今のところ爆発的な広がりはありませんが、学校などで流行すれば、
たちどころに大パニックに陥ることになります。
ゆえに政府も行政も、神経を尖らせているし、
数多くのイベントが中止を余儀なくされているのでしょう。

問題は、このコロナウイルスの流行がいつまで続くのかということです。
ウイルス検査の簡易キットはなく、専門病院での判定のみで、
さらに専用の治療薬がないから対策も不十分です。
対策は患者の隔離ぐらいしか方法がなく、このまま長引けば、
間違いなく経済は大打撃を受けることになります。

「コロナウイルス不況」という歴史の刻印がありうると思うのです。
3月の大相撲が中止になる可能性もあるし、先行きは不透明です。
不況になれば多くの人たちが職を失い、会社がバタバタと倒産することもありうる。
倒産を免れても借金を抱えるから長く苦しむことになるでしょう。

創価学会3月15日まで、会合を中止しました。
その内容を記した記事を以下に示します。

→sokamori2.exblog.jp/29928111/


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2020-02-21 05:02 | 紛争・災害ニュース | Comments(0)

ボランティア続々どうして


☆故郷の役に立ちたい.


昨日、「ボランティアはいかがですか」と申し上げた。
sokafree.exblog.jp/29713770/

その日の読売新聞に「ボランティア続々」と題する記事が掲載されていた。
以下に、その記事を添付し、所感を述べる。

>台風19号の影響で大規模な浸水被害に遭った被災地では、
20日、天候が回復し、住民やボランティアが
泥にまみれた住宅で清掃やゴミの撤去を本格化させた。
ただ、断水で泥が十分かき出せないなど、
もどかしい作業が続いている。

>約1000世帯が浸水した宮城県角田市。
この日、59人のボランティアが集まった。
同市出身で、山形県から来た会社員(26)は、「22日まで
休みを取ったので故郷の役に立ちたい」と汗を流した。

>角田市では、多くのクルマが水につかって使用できないため、
災害ゴミを運ぶ手段としてリヤカーに頼る姿もあった。
社会福祉協議会の担当者は、「県外も対象にクルマを
探さなければならない」と話している。

(読売新聞2019年10月21日より)

新聞記事で、報恩のために故郷でボランティアを行なう青年を知り、
心が温まり、そして私自身、決意することができました。
「もし、わが故郷に被害が出たら帰郷しよう。
そして、故郷に貢献しよう!」と。

過去、私の故郷が大規模災害に見舞われたことはありません。
でも、そうなったら助けたいです。
現役で仕事をしていたら難しいけれど、
65歳以降なら絶対に行かなければなりませんね。
私を育ててくれた町ですもの。
喜んで汗を流すことでしょう。

そのためにも健康でいなければなりません。
そのためにも鍛えたいと思います。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-10-22 05:34 | 紛争・災害ニュース | Comments(0)

ボランティアはいかがでしょう


☆youtube.com/watch?v=VpSE8fsH10k


このyoutubeは衝撃的な台風19号被害の現実を教えてくれています。
家屋や田畑、道路などに広範囲に広がる泥の撤去作業、
床上浸水した家の一切の家財道具がゴミと化し、
処分に1年近くかかるかも知れないという恐るべきニュースです。
これから長く苦しい忍耐の戦いが続くことでしょう。

わが町は無事でした。まさに天国と地獄です。
sokafree.exblog.jp/29683424/

さて、普通の生活ができることに感謝できない人がいらっしゃいます。
そういう人はボランティアはいかがでしょう。
感謝の心が見いだせるかもしれない。

不幸を幸福へと転換する人生こそが幸福の正体です。
そのためにも使命の道を見出してほしいです。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-10-21 05:42 | 紛争・災害ニュース | Comments(0)

ぎりぎりわが町は助かった


☆溢れなかった町の川.


わが町の野球場や森や川の水害状況の写真を示します。
ぎりぎりわが町は助かった_b0312424_17452936.jpg
ぎりぎりわが町は助かった_b0312424_17453096.jpg
ぎりぎりわが町は助かった_b0312424_17453086.jpg
ぎりぎりわが町は助かった_b0312424_17453039.jpg
ぎりぎりわが町は助かった_b0312424_17453090.jpg

写真解説「台風19号で水没した野球場、低地の森、濁流として流れる川の水の写真です」

このたび静岡県に上陸し、東北に抜けた台風19号により、
21河川の24カ所で堤防が決壊し、死者・行方不明者が40人を超え、
無数の家屋が水害に遭い、停電は30万戸に及びました。
強く危険な台風とは事前に報道されましたが、
ここまで甚大な被害をもたらすとは思いませんでした。
明日は我が身であり、本当に自然の力は恐ろしいです。

わが町は、運よく軽微な被害で済みましたが、それでも屋根材が剥がれたり、
低地では水没するなどの被害がありました。
けれど河川が氾濫しなかったことが幸いでした。
過去に支流が決壊し、長く住民が苦しんだ近郊の都市があり、
その苦労を見聞きしていたので、浸水がどれほど
住民を苦しめるかを私は知っています。

けれど、今回、東日本全域で、実数は今は分かりませんが、
恐ろしい数の家屋が床上浸水しているニュースを見て、
わがことのように、つらく悲しくなりました。
そして私は低地や河川敷の森が水没する様を見て、
被害者は人間だけでなく、鳥や動物や昆虫などが
おびただしく死んでいるに違いないと考えたのです。

水没した大地には、アリもいるし蝉の幼虫もいる。
モグラもミミズも、草の虫も無数にいる。
おそらく全部、窒息して死んでしまう・・
つい先週にジョギングして、虫の音が美しく響き、
鳥の鳴き声で満ちていた森なのですが、
きょうは何一つ聞こえないことが悲しかったです。
川に住む魚も、広域に拡散してしまい、やがて水が引けば
多くは死んでしまうことでしょう。

思えば、人間は「家」という安全なシェルターがあるので、
その生存率は限りなく高い訳ですが、動物たちはひとたまりもない。
そんなことを考えさせられた台風でした。

台風15号で死んだ雀の記事を以下に示します。
sokafree.exblog.jp/29632010/

次の記事は、→ここをクリック!


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-10-13 21:22 | 紛争・災害ニュース | Comments(2)

原発処理水の海洋投棄の考察


☆バドガシュタイン鉱石.


私が所有するバドガシュタイン鉱石の写真を添付します。
原発処理水の海洋投棄の考察_b0312424_21405971.jpg

写真解説「銀色に輝く2キログラムほどのバドガシュタイン鉱石の写真です」

今、フクシマ原発の処理水問題が注目されています。
以下に、そのニュースを示し、所感を述べます。

>東京電力福島第1原発で増え続ける汚染浄化後の処理水の放出をめぐり、
大阪市の松井一郎市長は17日、科学的に安全性が証明されれば
「大阪湾での放出を受け入れる」との考えを示した。

>原田義昭前環境相は、「思い切って(海洋に)放出して
希釈する他に選択肢はない」と述べていた。
後任の小泉進次郎環境相は、処理水問題について
「(環境省の)所管外」だとしているが、松井氏は「難しい問題を
正面から受け止めていない」と批判し、「国民に理解を
求めるよう対応を進めてほしい」と求めた。
さらに「処理水は海の環境や人体に影響ない、ただの水」
との見解も示し「海洋放出を進めてほしい」と話した。

www.msn.com/ja-jp/news/national/%e5%より.

これは何のニュースかというと、放射能物質がゼロという場所は自然界になく、
自然界の濃度にしたものであれば海洋投棄が可能であることを
知った人々が、その方法の選択を検討しているというもの。
私も、この考えには賛成ですが、世論がどう思うかは別の話。

そもそも、放射能は微量であれば体に良いものなのです。
まして、放射能ゼロの空間では生物は生きられない。
このことは私自身、過去にかなり勉強しました。
この写真の石は0.9マイクロシーベルトの放射線を出している
バドガシュタイン鉱石で、私の所有物です。
原産地はオーストリアの「バド・ガシュタイン(地名)」の坑道。
天然ラジウム鉱石で、低線量の放射線でリウマチや
循環器系統の病気を治療することで有名です。
日本一がん患者が岩盤浴で集まる秋田県玉川温泉も同じです。
もし、私がガンになったら、この鉱石を粉砕し、
袋に詰めて患部に当てるつもりです。
免疫力が高まり、病気を治す効果が期待できるのです。

放射能が「絶対悪」というのは科学的視点の欠如した話です。
自然界の濃度なら、海洋投棄は問題ありません。
しかし、感情論的に悪魔のように受け止める人がいる。
ここがムズカシイところなのです。

日本は水が豊富なので、薄めることはいくらでもできる。
例えば、ラドン温泉などは自然界より強い放射線を出しています。
それより薄ければ何ら問題ないし、むしろ健康にも良い。
このように申上げると批判もあるでしょうけれど、
科学的に申し上げればそういうことです。

かの原子爆弾が炸裂した広島や長崎は復興していて、
今、放射性物質の後遺症はありません。
これは日本特有の降雨量の多さにも起因するでしょう。

海洋投棄を実行すれば、感情的に観光客は減ることでしょう。
ですから、オリンピック終了からやるできでしょう。
そこからの日本はバッシングを受けるかも知れない。
特に、漁業関係者には風評問題がないよう支援すべきです。
政府は、問題がないことをしっかり説明も必要です。

追記:日本の海洋投棄を批判している韓国ですが、
1999年に月城(ウォルソン)原発で、
累積6000テラベクトルのトチリュウムを
日本海に放出していたとのことです。
ちなみにフクシマ原発の貯蔵タンクのトチリュウムの
累積は1000テラベクトルとも報道されており、
だとすれば韓国は6倍の放射性物質を
過去に海洋投棄したことになります。

韓国は日本を批判する資格はありません。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-09-21 21:34 | 紛争・災害ニュース | Comments(2)

香港人が泣いている


☆長期戦なら負けてしまう.


以下に、香港住民の意識調査の折れ線グラフを添付します。
香港人が泣いている_b0312424_05175826.jpg

写真解説「香港大学が22年間に渡り継続している意識調査で、香港住民に「中国人」か「香港人」かを問い、回答を得ています。一時期、中国人であると回答した人が多数を占めた時期もありましたが、現在では中国人と答える人は10.9%で、52.9%の人が香港人と回答しています」

香港でデモが今も続いている。大丈夫でしょうか、
これだけのデモを続けると経済も麻痺するし、
学生は勉強をおろそかにすると将来困ることにもなる。
中国政府が長期戦に持ち込んだ場合に勝てるのでしょうか。

私が中国共産党の責任者だったら、強制排除はしません。
火に油を注ぐことは避けて長期に持ち込み、白黒つけない方法を取ります。
1年、2年と膠着すれば、デモ参加者の民衆が疲れる。
企業も弱体化し、経済は冷える。これは危ないですよ。
中国全体の経済から言えば香港は小さい。
ずっとグレーゾーンで時間稼ぎをすれば
刺激も欠けてニュースにもならなくなる。

私が香港の人々に注意してほしいのはデモの凶暴化です。
行き過ぎた反応は、正義でなくなってしまいます。
今の韓国と同じになってしまいますよ。
引き際って、ものすごく大事ですよ。

中国には中国のプライドがあり、デモで引き下がる「弱み」は作れない。
中国政府にもプライドがあるのです。
その権力の性質を知っておかないとやられます。

確かに、責任者不在の戦術は有効でしょう。
責任者を立てれば、捕まえることができますからね。
顔のない民衆のデモだから戦える。ただし、それをいつまで貫けますか?
生活は大丈夫ですか? 将来は大丈夫ですか?

中国が自由を奪い去るのであれば死活問題でしょう。
だから戦うしかない。でも、勝てない・・
悔しいでしょう。恐ろしいでしょう。
なんだか涙が出ますよ。

過去の香港問題の記事を以下に添付します。
sokamori2.exblog.jp/29502631/
sokafree.exblog.jp/29474855/



ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-08-01 05:35 | 紛争・災害ニュース | Comments(0)

吉本興業社長の記者会見


☆本当に悪い人は誰なの?


公休日だったので、私はTVで吉本興業社長の記者会見を見ていました。
私自身、選挙や国際情勢のことしか見ておらず、まして芸能界に興味がない、
それで有名タレントが闇社会の仕事をして、引退するとかしないとか、
経緯はよく分かっていませんでした。

ともかく内容は社長がパワハラをしたとか、脅迫したということで
会場での応酬があり、されど問題の背景が、タレントが勝手に
闇社会とつながっていたことを考えると、
タレントも悪いし、闇社会はもっと悪い訳ですね。
でもいつの間にか、一番悪いのは吉本の社長になっている。

数時間TVを見ていて、記者の質問への回答は
「これは厳しいな」と思いながら聞いていました。
こういう記者会見は、裁判以上に難しいでしょう。
発言のいかんによっては炎上するような内容だし
記者の質問はまるで「閻魔王」のごときもので、
見るに堪えない、つらい追及が続きました。

私は「なぜ、すべてを社長のせいにするのだろう」と思いました。
「圧力をかけた」「圧力を受けた」「感じた」・・
この意見の相違は、よくある話なのです。
パワハラとセクハラとマタハラと、そういうことは
なかなかムズカシイ世界なのです。
境涯によって、許せたり、許せなかったり、
楽しいと感じたり、恐怖に感じたりしますから。
私の場合、そういう世界でずっと生きてきましたので、
痛い痛しさが伝わってきたのです。

ともかく、「あなたは社長としてふさわしいと思うか」とか、
「一年間減俸半額で許されると思っているのか」などの質問は、
「ふさわしくない」「半額では許されない」の意思表示だし、
マスコミとはいえ、一線を越えた質問に感じました。
社長をやっていれば、会社に思い入れは誰よりもあるものです。
減俸半額は、それなりに重い判断をしていますよ。
それを、どうのこうの「甘い」とか追及するマスコミ・・

元々は闇社会の悪事があり、知らず知らずにその罠にかかり、
タレントは金銭は受け取っていないとウソを言い、受け取っているに発言が変わり、
吉本興業も社長もビックリして慌てもしたでしょうし、
その混乱の中、キツイやり取りがあるのは当たり前ですよ。
その言い方について、単純な善悪論や正義感での追及は、
私からすればマスコミのパワハラだと思います。

こういうことは一番悪いのは誰で、次に誰かと考えないと、
本当の悪人の罪を軽くし、被害者を加害者にすることになります。
この問題を朝日新聞は専門家に語らせ、「場当たり的回答で、
かえって企業イメージを損ない、傷口を広げた」と記述し、
次にパワハラに悩んだ匿名の女性の言葉を紹介していました。

「かつて上司に「もっとがんばらなきゃ、やばいよ」と
肩もみされながら笑顔で言われたことを思い出しました。
圧力を感じ、何も言えなかった。
吉本はパワハラ撲滅をしてほしい」

インタビューでこうのように女性は語ったのでしょうけど、
私はこの女性も極端な人だなと思います。
この上司の行為をパワハラと受け止めることに恐怖を感じます。
何をしようとパワハラ、セクハラにさせられる時代に、
ブレーキが強すぎて、上役は身動きすら取れなくなるでしょう。
果たして、こういう風潮で社会は成り立つのでしょうか。
あれもだめ、これもだめでは活力が失われるのではないか。

今回の出来事は、タレントも経営者も根っからの悪党ではないのですから
公開処刑のような手厳しい追及はいかがなものかと感じます。
社長発言が「はぎれが悪い」と言うけれど、むしろ
今回の場合、はぎれよく記者会見はできませんよ。
5時間半の記者会見を「グダグダ」と見るのか、
「がんばって回答した」と見るのか・・
すくなくとも、私はグダグダには見えなかった。
粘り強く、頑張っているなと思いました。

ともかくタレントにも社長にも頑張ってほしいです。
本当の悪者は闇社会の連中なのですから。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-07-23 21:11 | 紛争・災害ニュース | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句散歩
学会活動
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道
親孝行
ミニマリスト
未分類

最新のコメント

kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 22:44
菊川様こんばんは。 コ..
by kaisen at 21:25
にじさんのお名前、マーク..
by sokanomori3 at 17:42
にじ🌈さん..
by sokanomori3 at 17:41
初めてコメントします。 ..
by にじ🌈 at 09:44
1名様、おはようございま..
by sokanomori3 at 04:34
うさぎさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 09:30
菊川さん おはようござい..
by うさぎ at 08:27
kaisenさん、頑張っ..
by sokanomori3 at 08:02
菊川様、おはようございま..
by kaisen at 06:02
poorさん、おはようご..
by sokanomori3 at 04:18
よくぞ言ってくれました。..
by poor at 02:16
早速のお答えありがとうご..
by SHIN at 09:13
SHINさん、おはようご..
by sokanomori3 at 06:05
本文のコメント欄が無かっ..
by SHIN at 07:44
祈り方は、真剣な祈り、御..
by sokanomori3 at 17:42
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori3 at 17:38
非公開の方が私を思ってこ..
by 千早 at 18:57
あはははっ! ★菊川広幸
by sokanomori3 at 10:43
ヤンボーマーボーみたいで..
by 千早 at 09:32

リンク

以前の記事

2021年 11月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア