カテゴリ:ひらがな御書( 74 )

この事業をやりとげてください


☆Sさんのメッセージ.


ひらがな訳原稿に書かれたメッセージ写真です。

b0312424_13331019.jpg


ゴールデンウイークの時にSさんに送った原稿が帰ってきた。
Sさんから次のメッセージを頂いた。
「遅くなりました。多事多忙でしたので」
「お体に気をつけて、この事業をやりとげてください」
見て涙しました。ありがたい。本当にありがたい。
Sさんの校正がなければ、ホームページの品質はない。
そのSさんが、私の体を気遣い、エールを送ってくださっている。
事業の意味とはなにか。改めて調べてみた。
「大きく社会に貢献するような仕事」と記されていた。
大きな社会的貢献。自在会への貢献・・
そうですね、大きな貢献ができるサイトですものね。
Sさん、ありがとうございます!


ひらがな御書ホームページ目次(交互文)を以下に示します。
hiraganagosho.web.fc2.com/b.html



ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-06-02 17:30 | ひらがな御書 | Comments(0)

ひらがな御書の有効活用術


☆精度の高いルビ.


S氏が校正くださった平仮名訳原稿の写真を示します。
b0312424_22505240.jpg
b0312424_22510156.jpg

ひらがな御書は当初、多くの人々から批判を浴びました。
「間違いだらけ」「こんな漢字も読めないのか」・・
しかし、この不良サイトが優良に変化しました。
その理由は、S氏が校正を担当くださったからです。
このことで、一気にホームページの品質が変わりました。
ひらがな御書は、全編の収録はしませんが、少なくとも収録する310編については、もっとも間違いの少ないひらがな訳サイトなることでしょう。
そのレベルの高さはS氏の力に他なりません。
(私の入力ミスを除く)

上写真の内容は御書1103ページの修正箇所です。
御書全集は「末田地」を「まんでんだい」と読ませています。
しかし、S氏は「御書のルビとは異なるが「まんでんだい」はムリ」とされ、
「まんでんち」と読むように指摘されました。
このように、御書全集とてルビに間違いがあるのです。

並みのレベルでは、難解な御書を100%正しく読める人はいない。
もし、御書全集の拝読をチャレンジされるならどうすればいいのでしょうか。
ぜひとも、ホームページ版「ひらがな御書」をご活用いただければと思うのです。
ひらがな御書の全部が正くはありませんが、かなり高い精度になっているし、参考にしていただければ、スラスラと正しく読める有益ツールになっていると自負しています。

以下に、ひらがな御書の「交互文」表紙を示します。
hiraganagosho.web.fc2.com/b.html

この交互文は、大聖人の御書の御文を単語ごとに区切り、
詳細にルビを振り分けています。
御書は文章が続いていることから、どこで区切ればいいのかも分かりにくく、
区切りを間違えるとまったく違った意味にもなります。
その点、ひらがな御書は正しい読みができるのです。

自在会用に作成されている音声ソフト対応用ホームページですが、
晴眼者の皆さまにもご活用いただければと思うのです。

尚、正しく読めても意味の分からないことは多いでしょう。
下写真は御書1429ページの「当今」の間違い指摘です。
「現在の天皇の意味「とうぎん」と読む」とのこと。
どう読んでも「とうこん」なのですが・・
とにかくS氏のお陰でルビは高い品質なのです。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-05-15 06:07 | ひらがな御書 | Comments(6)

ひらがな御書へ感謝の声


☆積み重なる戦い.


S氏への往復書簡の7つの封筒の写真を添付します。
b0312424_13011947.jpg

写真解説「返信され帰ってきた封筒と送付前の封筒が7冊積み重なっている写真です」

この写真は、S氏に送ったひらがな訳の原稿です。
これらの原稿は、これからホームページに順次アップされます。
現在、ホームページの収録数は281編になりました。
hiraganagosho.web.fc2.com/b.html
尚、HPに感謝メールが届いていますのでご紹介します。

1.
視覚障害がある女子部です。
私は今年の4月にこのサイトを見つけました。
女子部で御書30編読了運動をしているのですが、私には無理だと思っていました。
そんな時、ひらがな御書に辿り着きました。
ほんとうにありがとうございます。

2.
初めまして※※と申します。
ひらがな読み御書、大変重宝しております。
大変な作業ありがとうございます。
全編読破と意気込みながら読めない漢字が続くとなえて
諦めることが何度あったことでしょう?!
そして皆さんに読めない漢字を尋ねられとても困っていました。
ネットで漢字検索をしている時にこのサイトを発見!
それも漢字とひらがなの両方が書かれているので
御書と照らし合わせて読むときの読みやすさは格別です。
心から感謝致します。ありがとうございます。
必ずや読破します!!



以上、お二人様のメールをご紹介いたしました。
皆さま、ご愛読ありがとうございます。
これからも頑張ります!


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-04-30 06:01 | ひらがな御書 | Comments(4)

現代の鳩摩羅什(くまらじゅう)


☆翻訳・通訳の使命.


ノートパソコンで入力作業をしている写真を添付します。
b0312424_04350805.jpg

写真解説「マクドナルドのテーブルの上で平仮名入力をしている写真です」

4月の大白蓮華(だいびゃくれんげ)を読んで大変嬉しくなりました。
それは池田先生の「巻頭言」に次の御指導があったからです。
(長文を短くした要約文書として示します)

御書を開くことは、日蓮大聖人とお会いすることである。
大慈、大悲の音声をお聴きすることである。
御書を拝すれば、御本仏の偉大な振る舞いを、そのまま仰ぎ見ることができる。
自行化他の題目を唱え、行学の二道に励む我らは、大聖人の大生命に真っ直ぐ境地冥合(きょうちみょうごう)できる。ゆえに、いかなる生老病死の闇も晴らせぬわけがない。
いかなる苦悩の泥沼からも、幸と平和の蓮華を咲かせることができる。
「御書根本」の恐れなき行動こそ、わが創価学会の永遠の誉れである。
戦時中、邪宗門は臆病にも御書の要文(ようもん)を削除した。
御書のままに、弾圧にも屈せず死身弘法(ししんぐほう)を貫き通されたのは、牧口・戸田両先生であられる。そして立宗七百年の佳節に、創価学会版「御書全集」が発刊された。
今、全世界で御書が研鑚されている。御書を学び合い、御本仏の広大無辺な御境涯に包まれながら、人類の大連帯を強め、高めていける時代に入った。
“現代の鳩摩羅什(くまらじゅう)”として、翻訳・通訳の使命を担い立ってくださっている方々への感謝は尽きない。
言語を越え、国を越え、民族を越えて、大聖人の励ましは遮られず人々の心へ届く。
戸田先生は断言なされた。
「御書の仰せに立てば、絶対に行き詰まらない。
何事も、どう勝ち開けばよいか、わかるんだよ」
一行でも、二行でもよい。
きょうも御書を開き、境涯を開こう!

(大白蓮華2018年4月号巻頭言より)



ひらがな御書の作業を千早さんと共にスタートして6年・・
「現代の鳩摩羅什」のお話に、その末端に私たちもいると感じました。
今、ホームページは、ちよさんやゆりこさん、Sさんなどに強力なご尽力を頂きつつ、310編の収録を目指し、現時点で279編を収録、残り31編となりました。

さらに、4月号の最終ページに次の先生の御指導があります。
「完勝の歴史は一朝一夕にはつくれぬ。一日一日のたゆみない着実な精進こそ、
一つ一つの小さな勝利の積み重ねこそ、大勝利の源である」

池田先生、ありがとうございます!
これからもガンバリマス!^^

ひらがな御書ホームページURLを以下に示します。
http://hiraganagosho.web.fc2.com/


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-04-07 00:37 | ひらがな御書 | Comments(2)

4周年・ひらがな御書ホームページ


☆苦楽合わせて前進する.


パソコン前の赤い鶴の折り紙写真を以下に添付します。
b0312424_21353050.jpg

写真解説「白いパソコン用のキーボードの上に置かれた赤い折鶴の写真です」

こつこつ作業を続けて4年が過ぎたひらがな御書ホームページ。
(ブログ版ひらがな御書からのスタートでは6周年です)
今では勤行唱題のように日々作業しています。

その作業は実に楽しい。一遍収録ごとに嬉しい。
そして、310収録の夢に、今も変わらずワクワクしています。
世界旅行したいとか、そんなセレブなこと興味ないです。
今の生活に満足しているから何もいらないんですね。
随分、御書が読めるようになりました。
これ、功徳なんですよ!

でも、不安も苦しみもあります。
仕事や他の活動量が増えると、途端に作業が進まなくなるんです。
310収録ができなくなったら・・ガタフルです。
事故、病気、あるいはデータの紛失など、本当に怖いです。
特に、入念に打ち込んだデータを失ったら立ち直れません。

1ヶ月以上、寸暇を惜しんで入力したUSBを紛失したら・・
否、数ヶ月分のデータが溜まっており、これが全部無くなったら・・
この恐怖はいつもあって、心は落ち着きません。

ひらがな御書の収録は、明年2019年に終わらせます。
そこから一度、見直さなければなりません。
ひらがな御書の総点検に3年かかると思います。
足かけ7年かけて310編を収録し、さらに3年かけて310編を見直す。
合わせて、スタートから10年ということになります。
完成は2022年になるでしょう。

楽しいと言っても全部楽しい訳ではありません。
マラソンと同じ。ひたすら作業を続けるのです。
余裕があれば楽しいけれど、余裕がなければ大変になります。
もし、約束を守れなかったら、不幸です。
でも、もし、約束を果たせるならば・・
きっと私は幸せ一杯になれることでしょう。

引き続き、スタッフの皆さまにはご尽力を頂きます。
いつも本当にありがとうございます!



以下に、ひらがな御書ホームページを示します。
http://hiraganagosho.web.fc2.com/


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-03-16 21:47 | ひらがな御書 | Comments(2)

光日上人御返事(こうにちしょうにんごへんじ)


☆光日上人御返事に学ぶ.


先日、ひらがな御書に267編目を収録しました。
光日上人御返事(こうにちしょうにんごへんじ)です。

日蓮大聖人60歳の御時の御書です。
「光日尼は亡くなった息子と共に信心強盛に励んでこられたから、母子共に霊山浄土に詣でることは疑いがない」と励まされた御手紙です。
その中に、次の御文(934)があります。

この にくは ははの にく ははの ほねは この ほね なり.
子の肉は 母の肉 母の骨は 子の骨 なり.

「子供の肉は母の肉であり、母の骨は子供の骨である」
親子は一体であり、ゆえに「母の信心で子供を成仏させられる」と御指南されています。
その逆もしかりで「子供の信心で親を成仏させられる」ということでしょう。

先日、大白蓮華に、鬼のような親に親孝行を果たした体験談が掲載されました。
その紹介記事URLを以下に示します。
http://sokafree.exblog.jp/27974068/

愚かな親も子もおりましょう。悪徳の親も子もおりましょう。
親子とは、どんなに悪人であろうと、切っても切れない関係です。
でも、相手ではない。自分の信心で変えられる。
私たちは、過去すら変えられるのですから。

創価学会VOD「母と子の絆」を以下に添付します。
http://net-vod2018.sokanet,vod01

過去が変えられる記事を以下に示します。
http://sokafree.exblog.jp/26764621/

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-01-16 06:14 | ひらがな御書 | Comments(2)

現代の写経に功徳あり


☆悔いなく頑張った2017年.


Sさんから返却された原稿用紙の束の写真を以下に添付します。


b0312424_15305296.jpg
<写真解説>
ひらがな御書の校正原稿の束です。
(A4用紙のワード原稿)
12月末現在、束は高さ31センチメートル、重さ14キログラムになりました。
ちよさん、ゆり子さん、晋之介さん、浜口コウさんに平仮名訳のご支援を頂き、さらにSさんが校正くださった宝物の原稿です。


私は沢山の功徳を受けてきました。
今、私の信心に対する確信は揺るぎないものになっています。譬えるなら、苗木が年輪を重ねて強くなったような一年になりました。
先日、私の心に大きな変化がありました。10年も悩んでいた問題を解決したようなのです。
「よう」というには訳があり、もしかしたらまた悩むかも知れないから。
まだ半信半疑ですが、気持ちは継続されています。
私としては全部納得できたし、後戻りはないつもり。
そう思いたいし、そう日々に祈っています。
その心境の変化の記事URLを以下に示します。
sokafree.exblog.jp/27777556/

私はひらがな御書の作業を通じ、沢山の功徳を頂いています
作業は根気のいる、時に苦痛を伴う地道なものですが、御書の内容がグングン理解度として深まり、その作業そのものに幸せを感じるようになりました。
自在会の方々にもご利用いただける。
さらに、私の教学が深まる。
他を利し、また、己も利される。
良いことばかり、です。

収録数の増大に比例するかのように、悦び、感謝、感動が膨らみます
その喜びはまるで仏法対話をしたり、体験発表をしたり、部員さん回りをして、楽しい交流やおしゃべりをすることに等しい悦びなのです。
そうして、通勤電車の中ですら広宣流布の具体的な行動が嬉しいのです。
日々、歓喜の中で生活しているようなもの、です。
本日、2017年の最後の収録をいたしました。
以下URLの新尼御前御返事(にいあまごぜんごへんじ)です。
hiraganagosho.web.fc2.com/b904

ひらがな御書ホームページは265編の収録になりました
目標完遂に今も不安がありますが、ここまで歩めたことが夢のようです。
ボランティアの方々に深く御礼を申し上げます。
現時点の返却された校正原稿の重さは14キログラムでした。
目標数310編の収録終了時には、原稿は何センチに積み上がるでしょうか。
いったい、何キログロラムになるでしょうか。
目標310編収録まで残り45編で、今後、長編が多く残っています。
明年も大いに努力してまいります。

ひらがな御書ホームページURLを以下に示します。
http://hiraganagosho.web.fc2.com/

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

by sokanomori3 | 2017-12-30 23:58 | ひらがな御書 | Comments(4)

油断すれば魔に食い破られる


☆ひらがな御書の修行.


プリントアウトした平仮名訳原稿の写真を以下に添付します。
b0312424_19325481.jpg

写真解説「Sさんに送るためにプリントアウトした平仮名訳原稿の束の写真です」

私はひらがな御書作成を急いでいます。なぜ急ぐか。
それは60歳までにひらがな御書300編の収録を終えたいから。
60歳までということは59歳で終えるということ。
私と協力者の健康と平和が永遠に保障されないという理由からです。

命(健康)は無限ではありません
その真理を忘れ、「のんびりやろう」などと思ってはならない。
油断すれば、即、魔に食い破られる。
今、57歳の私。59歳の終わりまで2年3ヵ月の時間があります。
収録作業の多くは、通勤電車の中で行っています。
sokafree.exblog.jp/26867871/
1日1~2時間、週5日で月30時間あまり。
12か月で360時間。この他、さらに自宅で作業します。
休日に、週1日8時間作業するとして月30時間程度でしょうか。
すなわち合計で年に700時間を投じられる計算になります。
現実には仕事に疲れ寝ていることもあるからこの数値より少ない。
飲み会で到底作業のできない日もありますから。

作業は次の手順で行っています

1.対象となる御書をコピー機でコピーする。
2.御書の区切りごとに、文章を切って原文を作る。
3.コピーを見ながら、御書にあるルビを文章入力する。
4.御書全文をひらがな訳する。(この段階では文字は続いている)
5.読めない漢字を調べ、ひらがな訳を完成させる。
6.完成した平仮名漢字交互文を分かち書きに分離する。(第一原稿)
7.第一原稿をプリントアウトしてSさんに郵送する。
8.赤ペン修正してSさんが私(菊川)に返信する。
9.返信された原稿の指摘箇所の修正をする。(原稿が完成)
10.完成した原稿をコピーペーストし、ひらがな文を作る。
11.交互文の末尾にピリオドを入れる。(交互文第二原稿完成)
12.ひらがな文の末尾に行間を入れる。(ひらがな文第二原稿完成)
13.背景と大意原稿を作成する。(ひらがな訳も同時に作成)
14.以上で完成した原稿で、ホームページに組み入れる。
15.ジャンプ機能を持たせる。
16.ジャンプの作動確認。(完了)
17.ホームページに収録する。
18.バックアップに最新内容をストックする。

この作業は、厳格に実行されなければなりません。
頭がボーッとしていたり、精神がスッキリしていないとできない。
もっとも大事なことは精神の安定です。
心配事や、忙しく心の余裕のないときは作業が進みません。
心が澄んでいるとき、精巧な作業が可能となるのです。
そうして一文字一文字を積み重ねて1編の御書が完成します。

最初は慣れない作業で苦しかった
今となっては何とかなっています。
お陰様で、漢字も随分と読めるようになってきました。(笑い)
過去より、ちよさんやゆりこさんに多大な支援をいただいてきましたが、1年前から極力自分自身で原稿を作成するようにしてきました。
今後は単独でのひらがな訳が増えると思います。

私は必ずひらがな御書300編収録を果たします。
これは約束です。ウソ付いたら針を1000本飲みます。(笑い)
自在会の皆さま、完成を楽しみにしてくださいね!
ひらがな御書HPは、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-11-19 06:00 | ひらがな御書 | Comments(2)

ひらがな御書 原稿支援の御礼

☆ちよさん、ゆりこさんより、以下のひらがな訳原稿を頂きました。
今後、これらをひらがな御書ホームページに順次、投稿してまいります。
お力添えに深く御礼を申し上げます。

ちよさんご支援の御書.
1.法華経題目抄(ほけきょうだいもくしょう)b950-2

ゆりこさんご支援の御書.
1.四条金吾殿御返事(別名、ぼんのんじょうごしょ)b1118

以上、合計2編になります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-09-04 05:27 | ひらがな御書 | Comments(0)

だからガンバロウ!


☆自分で自分を励ますメモの写真を以下に添付します。
b0312424_1817627.jpg

写真解説「“今を頑張れば将来楽となる。だからガンバロウ!!”と書いた用紙です」

何を書いているかというと、ひらがな御書のことです。
とにかく300編収録のために、今を頑張らなければなりません。
今を苦しんだ分だけ、将来が楽なるのですから。
youtube.com/watch?v=8V-MujAWK-Y
このYouTubeの歌の通りなのですから。
さあ、ガンバレ自分!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-06-21 05:13 | ひらがな御書 | Comments(2)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句散歩
学会活動
未分類

最新のコメント

そうこさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 23:09
連投すみません( ;o;..
by そうこ at 12:45
池田先生は、本当に凄..
by そうこ at 12:43
はい。とってもとっても楽..
by sokanomori3 at 22:29
すごく楽しそうですね(^..
by 千早 at 13:34
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 05:58
そこそこ貧乏が好き♪ ..
by 千早 at 22:12
千早さん、ルピナスさん、..
by sokanomori3 at 18:26
こんばんは! 第2次宗..
by ルピナス at 00:56
私把昭和61年4月の入会..
by 千早 at 13:23
福島の壮年さん、おはよう..
by sokanomori3 at 05:49
菊川さん、過分な評価..
by 福島の壮年 at 15:02
福島の壮年さん、こんばん..
by sokanomori3 at 22:16
「神は絶対」であり、「神..
by 福島の壮年 at 16:53
『氷点』のテーマをもっと..
by 福島の壮年 at 16:52
私は、キリストの教えを題..
by 福島の壮年 at 16:51
yukiさん、おはようご..
by sokanomori3 at 05:48
お久しぶりです。 私の..
by yuki at 04:02
お久しぶりです。yuki..
by yuki at 03:48
非公開さん、了解いたしま..
by sokanomori3 at 18:26

リンク

以前の記事

2019年 11月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア