人気ブログランキング |

カテゴリ:ひらがな御書物語り( 86 )

ひらがな御書の陶器


☆千早さんからの贈り物.


以下に、先日贈られてきた陶器2種類の写真を添付します。
b0312424_07225816.jpg

写真解説「横20㎝、縦17㎝の書籍型の陶器(置物)と湯呑みの陶器の写真です」

先日、わが家にダンボールの包みが送られてきました。
送り主は千早さん。一体、何が送られてきたのだろう?

開けると、中から出てきたのは、この写真の二つの陶器でした。
一つは、書籍の形をした置物で、梅の絵とひらがな御書の文字が入っていました。
もう一つは、梅の絵が描かれた湯湯呑みでした。
ひらがな御書収録完了を祝してのプレゼントでした。
置物にも湯呑みにも描かれている梅は、薄い紅色のかわいらしい絵柄で、
咲いている花だけではなく、蕾も描かれています。
満開前の瑞々しい、早春の梅でした。

仏間にこの置物を飾り、湯呑みにコーヒーを入れて飲みました。
(お茶よりもコーヒーが飲みたかったのです)
湯呑みの口当たりを楽しみつつ、置物を眺めました。
千早さんと出会って7年、過去の出来事が走馬灯のように
浮かんでは消え、消えては浮かびました。

この陶器は、千早さんの友人が趣味で陶芸をされていて、
その友人に依頼して作ってもらったとのこと。
でも、作風はまるで千早さんそのもの。
千早さんてこういうイメージです。
ご友人が千早さんをイメージして作られたのか、
それとも作者の方の感性なのか・・

以来、自宅のパソコンデスクで湯飲みを使うようになりました。
お茶、水、コーラ、白湯、コーヒー、ジュースなど、
何でもかんでもこの湯呑みで飲んでいます。

過去、千早さんのお母さまからも壷を頂いていました。
sokafree.exblog.jp/23196141/

なんだか、千早さんとお母さんが身近にいらっしゃる感じなのです。
見ていると、喜びがとめどなく沸いてきます。

収録完了した「ひらがな御書」を以下に示します。
http://hiraganagosho.web.fc2.com/


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-05-12 07:50 | ひらがな御書物語り | Comments(6)

ホームページ使用した写真(参考資料1)


☆赤と青の鶴のイラスト.


ひらがな御書ホームページのトップページ映像を以下に示します。
b0312424_23123027.jpg


写真解説:赤と青の鶴が向かい合っている映像です。
鶴は折り紙で、松竹梅の模様があり、絵柄はおめでたいものになっています。
赤い鶴は映像の左下にあり2時の方向を向き、青い鶴は右上にあり8時の方向を向いています。
そして、映像の右下に「ひらがな御書」と文字が記されいます。
「ひ」は赤、「ら」はオレンジ、「が」は緑、「な」は薄い青、「御書」は青色です。
過去の折鶴一羽の写真にくらべ、かなり品位が向上しました。

千早さんに巡り合い、自在会の人たちのため7年近い歩みを重ね、
ついに、ひらがな御書ホームページが、多くの人に支えられてカタチになりました。
まだ詳細な変更作業がありますが、一応、約束が果たせました。

以下に、完成したひらがな御書ホームページのトップページを示します。
(過去の写真しか見られない場合は「F5」キーを押してください)
http://hiraganagosho.web.fc2.com/

その他の改定したページの解説を以下に申し上げます。
sokafree.exblog.jp/29326084/


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-03-23 23:30 | ひらがな御書物語り | Comments(2)

ホームページに使用した写真(参考資料2)


☆白梅と紅梅とメジロの写真.


ひらがな御書HPに新しく掲載した写真を以下に添付します。
b0312424_22250570.jpg
b0312424_22250832.jpg

ご案内ページ(このページ)は、最上部に「Information」の赤い文字があり、
その下に白梅の枝に止まるメジロ(ウグイスに似た小鳥)の写真を貼りました。
日蓮大聖人の年表のページには、紅梅(赤い梅)の花の写真を貼りました。
この2枚の写真を掲載したHPのページを以下に示します。
hiraganagosho.web.fc2.com/g1.html
hiraganagosho.web.fc2.com/f.html

また、スタッフ用掲示板のページの下段には、Sさんに校正いただいた
高さ46センチメートル、重さ20キログラムの原稿の束の写真を掲載しています。
以下に、その写真を掲載したページを以下に示します。
hiraganagosho.web.fc2.com/g2.html

追記:過去の写真しか見られない場合は「F5」キーを押してください。

参考資料1は、→ここをクリック!


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-03-23 22:34 | ひらがな御書物語り | Comments(2)

ひらがな御書の陰の立役者


☆過去の教師の偉大さ知る.


お世話になったパソコン教室の領収書写真を添付します。
b0312424_05035231.jpg

写真解説「2012年12月と2013年2月の合計3万2250円分の領収書の写真です」

ひらがな御書ホームページ改定をかねてより考えていた私は、
先日、パソコン教室に出向き、アドバイスを求めました。
しかしなら、その担当者のレベルは低く、ホームページビルダーの操作方法が
まるで分かっていないようで作業がはかどりませんでした。
ほぼ何もできず、7000円のコンサル料を支払いました。

5年前、ホームページを作るために教室に通い、カタチを整えたのですが、
すっかりその作業方法を私は忘れてしまいました。
当時のメモを見ればできる作業もありますが、できない作業もある。
そこで、今一度、専門家のアドバイスが必要だったのです。
でも、以前のパソコン教室は閉店していました。

以前のお世話になった担当者は、閉店後、系列の教室に移動され、
今は退職されて、その人に学ぶことはできません。
幸いにもホームページビルダーが分かる教室を見つけたので、
次の休日を利用して学ぶことになっています。

さて、今回のレベルの低い教室での出来事で気付いたのは、
先任のパソコン教室の教師の能力の高さでした。
当時の私の福運、また、諸天善神だったのでしょう。
写真にある領収書は3万円分しか残っていませんが、
全部で5万円ほどかかったと記憶しています。
その投資で今のホームページがカタチになりました。

このようにひらがな御書は、ボランティアの方々のお力添えの他に、
パソコン教室の存在と担当教師の能力があったのです。

ホームページビルダーに関する過去記事を以下に添付します。
sokafree.exblog.jp/21914595/


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-03-21 05:22 | ひらがな御書物語り | Comments(2)

守灯精神(しゅとうせいしん)


☆新しい時代の幕を開く.


私の目の前に「名字の言」の切り抜きがあります。
灯台守(とうだいもり)の話が書かれています。
以下に、その内容の一部を添付します。

>日本初の洋式灯台「観音崎灯台」の点火から150年を迎えた。
現在、航海ではGPSが活用されているが、
かつては灯台が暗夜の海で唯一の“命綱”だった。
その光を送り続けたのが灯台守(とうだいもり)。
彼らは、へき地での生活を余儀なくされ、買い物するにしても、
海岸の危険な岩場を通らなければならなかった。
妻子が波にさらわれたこともあった。
それでも海の安全を守るために、灯台の光を絶やすことはできない。
この厳しい生活を支えていたものは「守灯精神」だった。
“他の誰でもない。私が断じてやる”
広宣流布もまた、この使命感で切り開かれてきた。

(聖教新聞2018年1月23日より)

ネットで調べると、昔の灯台は有人灯台であり、
長崎県五島市の女島灯台が最後の有人灯台であったという。
2006年(平成18年)12月5日にこの女島灯台が無人化され、
国内の灯台守は消滅したという。

長年不便な灯台に住み込み、延々と灯台を守る生活・・
家族がいたと知り、また死者まで出したという・・

私にも“他の誰でもない。私が断じてやる”の決意がありました。
それが「ひらがな御書ホームページ」です。
そのホームページ版ひらがな御書が本日、5周年になりました。
(ブログ版ひらがな御書からは7年です)

いよいよ、ホームページをリニューアルします。
ここからさらに進化、発展させてまいります。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-03-16 05:32 | ひらがな御書物語り | Comments(2)

ひらがな御書のリスク管理


☆データを分散して保管.


ひらがな御書HPデータを保管したUSB写真を添付します。
b0312424_05430403.jpg

写真解説「赤色、青色、黒色のUSBのそれぞれにホームページのデータを保管しました」

ついに310編の収録を終えたひらがな御書。
そのデータを3つのUSBに記録し、保管場所を分散させることにしました。
1つは会社、1つは自宅の仏間に保管し、1つは持ち歩きます。
「なぜ、そんなことをするのか」ですって?
それは、例えば火事になってもデータが絶対に残るから。
このデータさえあれば、ネット上からホームページが消えても、
いつでも復活させることができるのです。
ただし今後、ホームページを修正するたびに更新が必要です。

ともかく、このバックアップにより、私は憂いなく生活できます。
以下に、ひらがな御書ホームページを示します。
http://hiraganagosho.web.fc2.com/


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-03-06 05:40 | ひらがな御書物語り | Comments(7)

ひらがな御書310編の収録完了


☆目標達成のご報告.


ひらがな御書原稿の束の写真を以下に添付します。
b0312424_16153862.jpg
b0312424_16153895.jpg

写真解説「ワープロ用紙8冊分のひらがな訳原稿(高さ46㎝)を積み上げた写真です」

ホームページ5周年が目前ですが、ついに日蓮大聖人の御書303編、
その他、序文2編 偽書1編 日興上人御書4編、
合計310編収録の全作業が本日、終了しました。
旧ひらがな御書ブログから、足かけ7年での完成です。
ボランティアの皆さまには、心より御礼を申し上げます。
ご尽力くださったスタッフの功績を以下に申し上げます。

千早さんに紙面構成の企画、誤字チェックをしていただいています。
その誤字チェックに関する報告記事を以下に示します。
https://sokafree.exblog.jp/29287130/

平仮名訳は、ゆりこさん71編、ちよさん35編、晋之介さん13編、
浜口コウさんに2編いただき、残りの189編を私(菊川)が担当しました。
310編の校正作業(誤字修正)は、Sさんが全て担当してくださいました。
点字御書サンプル(10編)は佐藤牧子さんが作成くださいました。
以下に、これらの作業内容を記録した「スタッフ掲示板」を示します。
hiraganagosho.web.fc2.com/g.html

5年間、プリントアウトした原稿をSさんに郵送し、校正後、ご返送いただきました。
その原稿は高さ46センチメートル、重さ20キログラムの束になりました。

写真映像を申し上げますと、全部で8冊のファイルに分けたA4用紙の束です。
黒いファイルに原稿を挟み、赤いヒモで結んでいます。
読者の皆様に46㎝の高さ、20キログラムの重さが伝わるよう、
原稿の束を階段に置いて写真撮影したものです。
この7年間に渡る血と汗の結晶です。

尚、私は今後、ホームページの紙面構成をリニューアルすると共に、
310編の御書の再チェックを行って精度向上を果たします。
今後、千早さんにはさらなるアドバイスを頂戴し、
もっと使いやすいホームページにします。
皆様、ありがとうございました!

本日、投稿した310編目の御書を以下に示します。
hiraganagosho.web.fc2.com/b1617


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-03-02 21:06 | ひらがな御書物語り | Comments(14)

ひらがな御書の改造計画


☆HPをリニューアルする.


以下に、ホームページの改造の企画書を添付します。
b0312424_14312018.jpg

写真解説「ひらがな御書ホームページの写真や内容の変更などを記した用紙の写真です」


先月、309編目の「下山御消息」を収録しました。
その交互文を、以下に示します。
hiraganagosho.web.fc2.com/b343

残り最後の一遍は、一月中に完了させる予定です。
約束していた310編収録が目前で、ちょっぴり嬉しいです。

さて、その最終投稿の後、HPをリニューアルいたします。
リニューアルの完了目標は、2019年3月16日。
すなわち、HPスタートから5周年とします。
リニューアルの対象は以下の通りです。

1.表紙の改良(写真変更含む)
2.インフォメーションの改良(写真変更含む)
3.日蓮大聖人年表の改良(構成変更)
4.ホームページの沿革ページ作成
5.記事ナンバー変更、その他.

まず、ホームページに使用している写真を一新します。
映像のクオリティーをアップし、閲覧者の方々が、
さらに興味を持っていただけるようにします。
次にインフォメーションを改良します。
このほど目標の310編の収録が完了しますから、
「制作を努力します」という表現を「完了した」に変え、
さらにシンプルかつ、しっかりとした紙面構成に変更します。
次に、大聖人の御生涯の年表、HP制作の歴史を
しっかりとカタチにすることで、完成度を高めます。
最後に、「イビツ」な箇所の修正を行います。
ホームページビルダーの知識が乏しいことから、
パソコン教室で再び勉強して作業を行います。
以上の工程で、一応の完成に導きます。

ここで「一応」と申しますのは、収録も形も完了するのですが、
全310編の再確認を行う必要があるからです。
誤字脱字のチェックと共に、句読点を統一させ、
自在会の方々が使いやすくするためにさらに改造するのです。
年間100編を目標に、作業を継続します。

ともあれ、来年の3月をもって「カタチ」になります。
一応の完成を祝し、明年上半期にはボランティアメンバーで集い、
食事会をし、御礼を述べたいと考えています。
メンバーの皆さま、ご参加宜しくお願いします。

過去の食事会の記事URLを以下に示します。
sokafree.exblog.jp/24699879/



ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-01-11 05:20 | ひらがな御書物語り | Comments(4)

どんな気持ちで努力を続けているか


☆まるで戦場にいる気分.


ひらがな御書が304編に達しました。
この2日間でアップした御書を以下に示します。
hiraganagosho.web.fc2.com/b474
hiraganagosho.web.fc2.com/b487

誰に褒めてもらおうとか、一切ないです。
師子は伴侶を求めず、評価もいらないと思っています。
この価値は、私と御本尊のみが分かっていれば良いからです。
約束したことは必ずやる。それが自分の生き方です。
御書を読めない人がいる、だから読めるサイトを作る。
その決意を、絶対にカタチにしてみせる。

目標310編に残6編なので、年内達成も夢ではありません。
戦いは続きます。さあ、頑張ろう。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-10-22 05:37 | ひらがな御書物語り | Comments(2)

ひらがな御書300編収録を達成


☆お陰様で300編収録.


ひらがな御書ホームページのInformationページの映像です。
b0312424_06050271.jpg

写真解説「白い梅の花の写真が添付されているホームページの映像です」

ボランティアスタッフの皆様に支えられて収録してきたホームページ。
その収録数が、本日ついに300編に到達いたしました。
目標数310編に対し、まだ10編の収録が残っているにせよ、
本来、300編収録を夢見てきた私としては、感極まる気持ちです。
祈念すべき300編目の御書を以下に添付します。
hiraganagosho.web.fc2.com/b1406

歩み続けてきた6年余の旅は、能力のない私にとっては過酷でした。
方向性を見失い、道に迷い、途方に暮れることが何度もありました。
平坦な道ではなかったし、まるで剣難の峰を登るがごとく、
あえぎ、あるときは疲労困憊して長期に放置もして、
ゴールの見えない遠大な道なき道を歩きました。
老眼、体調不良、疲労、生活でのアクシデントや悩みも重なりました。
パソコンが壊れ、ソフトの不具合に悩みもしました。
でも、その苦闘の合間に、スタッフと笑い、語らい、
歓びを分かち合って前進したのです。

300編収録は、旅の途中では実感のない目標でした。
なんの重みもない、空想の彼方の夢でした。
今、まだ夢の中にいるような気持ちもあります。
でも、本当に300編達成は果たされました。

ひらがな御書は、最初、2012年11月1日にブログでスタートしました。
その実質的な準備の開始は、2012年9月でした。
自在会の千早さんと巡り合い、支えたいと思いました。
https://sokanomori.exblog.jp/i58/
ブログでは文字制限があり、長文の御書の収録ができず、
使い勝手も悪いことからホームページに組み替えました。
ボランティアの方々に支えられ、歩んできました。
さらに、ボランティア以外の心ある方々にも支えられました。
誤字脱字などのご指摘を沢山いただきました。

以下に、ひらがな御書ホームページのInformationと交互文目次を示します。
http://hiraganagosho.web.fc2.com/g1
hiraganagosho.web.fc2.com/b1

以下に、ボランティアスタッフの皆様のご紹介ページを示します。
hiraganagosho.web.fc2.com/g1.05

皆さま、ありがとうございました。
心より御礼申し上げます。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-10-06 14:07 | ひらがな御書物語り | Comments(3)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句散歩
学会活動
功徳を得る信心
フルマラソン
未分類

最新のコメント

非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:18
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 23:34
あはははは 菊川さんおも..
by 千早 at 08:42
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 22:05
非公開さん、了解しました..
by sokanomori3 at 21:30
もう一人の非公開さん、お..
by sokanomori3 at 07:33
クマに遭遇した非公開さん..
by sokanomori3 at 07:26
非公開さんから寄せられた..
by sokanomori3 at 07:10
塩田大和さん、おはようご..
by sokanomori3 at 06:04
菊川さん お久しぶりで..
by 塩田大和 at 23:01
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 20:56
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:41
トラウマさん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:36
うさぎさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 07:27
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:23
うさぎさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 07:21
菊川さん、こっそり記事を..
by 千早 at 20:49
菊川さんに喜んでもらえて..
by 千早 at 20:28
私も千早さんの記事を拝読..
by トラウマ at 19:12
菊川さん 私も菊川さんと..
by うさぎ at 10:56

リンク

以前の記事

2019年 11月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア