人気ブログランキング |

カテゴリ:親孝行( 4 )

親孝行に功徳あり


☆「なんて幸せな朝なんだろう!」

1月8日の朝、私はマクドナルドにいた。
ソーセージエッグマフインを齧って
温かなコーヒーで胃袋に流し込んだ。
ハッシュドポテトが旨い。

私は10日にも及ぶ実家での生活を終えて、
夜行バスで新宿に着いたばかりだった。
コーヒーを飲みながら幸せに浸っていた。
でも、指先が痛い。切り傷がヒリヒリしていた。
実家の整理整頓に邁進したから。

本当に頑張った。朝から晩まで働いた。
捨てるものと残すものを選別し、
燃えるゴミと燃えないゴミを選別し、
そうして種類別に袋や箱に詰めて、
不要な家具を壊して縄で縛り、
クルマに積んで、処分場に運んだ。

残したものと残した家具とを掃除して、
食器棚には使いやすい順番に並べ置き、
それはそれは至れり尽くせりの大掃除をした。
母は、あまりにストイックな仕事に飽きれて、
さらには捨てられまいと抵抗した。

「お母ちゃん、シンプルな生活しようよ!」
「お前、何もかも捨ててはいけんよ!」

母と口喧嘩しつつ、私はどんどん片づけていく。
朝4時にから起床して、6時には朝食を作り終わり、
母の起きるのを待って、次に勤行した。
それから食事をとり、洗い物をして、
作業着に着替えて、延々と作業を続けるのだ。
昼に調理、夕方にも調理。朝・昼・晩の全て。
食が細い母に、喜んで食べてもらいたいと願い、
その一心でメニューを考えた。

片づけ中、思いもかけない宝物を発見した。
古く色あせた昔の写真。家族の形見の品。
今は亡き家族と、私と母の写真たち。
祖母の財布。江戸時代や明治時代の古銭も出てきた。
そういうものは、少し取っておこう。

物が減り、風景が落ち着くと、
次に見えてくるのは、古ぼけた床や壁だ。
いつかキレイにしてやろうと思った。

クルマに乗ってホームセンターに行った。
あらかじめ採寸した大きさのカーペットや敷物を買い、
必要な家財道具も揃えて帰宅した。
古い敷物を剥がし、丸めて別室に運び縄で縛り、
新しいカーペットを敷き、家具を収めた。

多くを捨てると空っぽの家具が生まれた。
食器棚は二つあったが、使う食器に物を詰めると
一つが空っぽになった。それを解体することにした。
ガラスの扉を外し、天板を剥がし、棚を抜き取り、
そこからハンマーで叩いてすっかり
小さくして、廃棄場へ運び入れた。

食器や鍋や古びた調理用具は、段ボール10箱に及んだ。
その他、樽や使わない農機具や、なんだかんだ、
それらクルマ三杯分、総重量370キログラムを捨てた。
これを、たった一人でやった。
マラソンで鍛えていても、
腕や指は鍛えていないから
筋肉痛になるし、へまをして
打ち傷、切り傷が絶えなかった。
でも、私は笑みを浮かべながら
もくもくと作業を続けた。

家具の取っ手のゆるみを直し、
お滑りの悪い重いドアに油を差し、
剥がれた壁紙を糊で修復し、
埃を払い、汚れを落としていく。
まるで、終わりなき作業に思えた。

こんな作業の疲れを癒すのがラジオだった。
長期滞在に購入したラジオはとても便利だ。
調理のときも、片づけのときも、
大工仕事にも私を励ましてくれた。

そして、決定的な癒しがお風呂だった。
42℃以上の熱いお風呂に浸かると皮膚がひりひりする。
これがどれほど疲れを癒すものか。
どれほど気持ちいいか。
労働の後のこの風呂の湯の贅沢は、
どんな楽しみにも勝るものだ。

ゴミの日の朝が来た。
粗大ごみはすでにない。
燃えるゴミ袋は16袋にも及んだ。
これだけで集積場は一杯になる。
ご近所さんは迷惑だろうが仕方ない。
この日、意地悪な雨が降っていた。
傘をさして何度も往復した。
でも、これが楽しいのだ。
母が私の仕事を見ていた。
降りしきる雨のゴミ捨てを。

このように一生懸命働いて得たものがある。
それは気持ち良い家と母の笑顔だ。
口喧嘩したけど、最後は二人とも笑顔になった。
やっぱり、キレイな家は気持ちいい。

こうして今、私の心は安心と歓喜に満ちています。
まさにこれが、親孝行の功徳なのです。

以下に、今回の親孝行の別記事を添付します。

→sokafree.exblog.jp/29867959/
→sokafree.exblog.jp/29868044/



ブログトップへ

by sokanomori3 | 2020-01-10 06:16 | 親孝行 | Comments(5)

親孝行のために介護士になる


☆令和元年12月30日から翌年1月7日までの9日間、私は実家に滞在しました。

その実家で、もうすぐ60歳になるという人生を振り返りました。
わが人生を振り返れば、18歳のときまでここにいて、
東京に移り住んで42年になろうとしていました。
曲がりなりにも母の信仰を受け継ぎ、平凡ながら
今の自分があるのは母のお陰、学会のお陰です。

私は会社役員を60歳で引退し、2月から介護職員として
仕事をすることになりました。

その年の冒頭、聖教新聞に池田先生の指導が掲載されていました。

>皆さまが健康で、これからの人生の全てが勝利の方向へ、
幸福の方向へと進みゆくよう、私は毎日祈っている。
進路はさまざまであるが、一人残らず自分の人生で輝いて頂きたい。
今は乱世である。善悪の確かな基準もない。
実力よりも要領、社会貢献よりも“ただ儲ければよい”
そういう風潮が強い。こういう時代には
純粋な青年は悩まざるを得ない。
この現実の中で、諸君は勝利者にならなければならない。
人生は勝負である。勝たなければ幸福もない。

>くだらないことに紛動されたり、あっちを見、こっちに振り回され、
人にどう思われるか、どう言われるか、そんなことばかり
気にしていて、何ができようか。
厳然と「わが道」を行けばよいのである。

>いかなる分野であれ「世界一を目指そう!」との心意気が大事である。
私もすねて「世界一」を目指してきた。
戸田先生のもとで、それは真剣に勉強してきた。
命をかけての努力を努力をした。
その努力があって今の私がある。

>まず、自分を強くしなければ、この乱世で勝つことはできない。
人がどうであろうと、誰が何と言おうと、
自分が力をつけ、力を発揮していくことである。
諸君には、深き深き使命がある。
その事実を自覚していただきたい。
自負していただきたい。

(1996年1月創価大学・女子短大指導より)

この指導は、まさに今の自分自身のための指導でした。
「ただ儲ければよい、そういう時代に純粋な青年は悩まざるを得ない」・・
この青年とはまさに私である。若かりし頃から現在まで、
金儲け主義のビジネスに延々と悩まされ続けた自分。
その現実の中で、私は60年の人生を全うした。
それは厳しくつらい道のりでした。

先生は「厳然とわが道をゆけ」とご指導されていて、
そうして「世界一を目指せ」と言われていました。
故に私は、次のように決意したのです。

よし、次の10年のわが道を歩もう!
よし、世界一の親孝行をしよう!
よし、世界一の介護士になろう!

以下に、介護士への道カテを示します。
→https://sokafree.exblog.jp/i84/



ブログトップへ

by sokanomori3 | 2020-01-09 08:40 | 親孝行 | Comments(0)

台所と茶の間の整理整頓


☆スッキリ良い気分.


プチ大工、ラジオ、襖張替えセットの写真を添付します。
台所と茶の間の整理整頓_b0312424_13592328.jpg
台所と茶の間の整理整頓_b0312424_13592347.jpg
台所と茶の間の整理整頓_b0312424_13592314.jpg

写真解説「作成した灯油缶2個分の台、購入したラジオ、茨城から送った襖修理セット」

今回の帰郷のテーマは、台所と茶の間の整理整頓と襖の張り替え、トイレ修繕でした。
でも、台所と茶の間に手間がかかり、まともなリフォームはできず終了。

上写真は20リットルの灯油のポリタンク置き場の新設です。
木製の台2つを接ぎ木してボンド接着、ビス止めしました。
ポリタンクを高くすることで、作業をスムースにした訳です。
体力の弱い母に楽をしてもらうための工夫でした。

ラジオは2900円で、今回新しく購入しました。
部屋の整理をするのに、強力に癒してくれるのです。
写真は台所の窓際に置いたものですが、ラジオがあると
調理がルンルン気分になるものでした。
ラジオは、どこにでも持ち運びが自由にできるし、
購入して大正解でした。(母も聞ける)

3枚目の写真は、茨城県で買い揃えた襖の張り替えセットですが、
結局、今回は使わずで終わってしまいました。
リフォームなしで、電気ドラムも未使用です。

以下に、ゴミ処理場に持参したゴミの領収書写真を示します。

台所と茶の間の整理整頓_b0312424_14200854.jpg


さて、今回の帰郷で、主に行った作業は台所と茶の間の断捨離でした。
二つあった食器棚の一つを廃棄し、食器や調理器具を断捨離したのです。
その他の部屋の不要物も合せ、近所の学会員さんから借りたクルマで
三往復して廃棄したのでした。その総量は何と370kg!
(写真の領収書に記載の数値の合計です)

これ、私一人でクルマに載せて、廃棄したのでした。
マジ大変でしたが、すっきりさっぱり・・
沢山の収納空きスペースもできて
部屋も広くなって、母も大変喜んだのです。

昨年に仏間や倉庫やベランダを断捨離していましたから、
実家はかなりすっきりしてきました。
以下に、過去の断捨離記事を示します。

→sokafree.exblog.jp/29251714/
→sokafree.exblog.jp/29596652/


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2020-01-08 14:41 | 親孝行 | Comments(2)

2020年の親孝行料理あれこれ


☆自分でも驚きの旨さ.


電気式圧力鍋と4品目の料理写真を以下に添付します。
2020年の親孝行料理あれこれ_b0312424_12343490.jpg
2020年の親孝行料理あれこれ_b0312424_12343593.jpg
2020年の親孝行料理あれこれ_b0312424_12343506.jpg
2020年の親孝行料理あれこれ_b0312424_12343540.jpg
2020年の親孝行料理あれこれ_b0312424_12343502.jpg
2020年の親孝行料理あれこれ_b0312424_12343532.jpg

写真解説「圧力鍋、チキンカレー、鶏飯、味噌汁、国産牛肉ビーフシチューの写真です」

2019年12月30日から2020年1月7日まで帰郷し、
作った料理は大小合わせて30品目以上に及びました。
私が母に提供した主要な料理を示しますと、

卵焼き、ゆで卵、バナナ・リンゴジュース、人参ジュース、パイナップルジュース、
オレンジジュース、おでん、チキンカレー、ほうれん草のお浸し、
各種味噌汁(7種)、豚汁、野菜炒め(2種)、カボチャの煮物、ソース焼きソバ、
ポテトサラダ、チンゲン菜のお浸し、鶏飯、おせちの残り物チャーハン、
しらすおろし、中トロ刺身、シャケの焼き魚、丸ごとピーマン炒め、
ビーフシチュー、サバの味噌煮などになります。

味噌と圧力鍋をわざわざ茨城県から宅配したのですが、
どれも美味しく最高の味に出来上がりました。
ビーフシチューは国産高級牛肉を使い圧力鍋で炊き上げたのですが、
過去、食べたことのない旨さに私自身ビックリしました。
(写真下2枚は、ビーフを炒めているところと完成品です)
サバの味噌煮も抜群の仕上がりになりました。

電気圧力鍋があればもはや無敵です。
もう一台買って、岡山にも常備したいです。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2020-01-08 13:12 | 親孝行 | Comments(2)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句散歩
学会活動
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道
親孝行
ミニマリスト
未分類

最新のコメント

kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 22:44
菊川様こんばんは。 コ..
by kaisen at 21:25
にじさんのお名前、マーク..
by sokanomori3 at 17:42
にじ🌈さん..
by sokanomori3 at 17:41
初めてコメントします。 ..
by にじ🌈 at 09:44
1名様、おはようございま..
by sokanomori3 at 04:34
うさぎさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 09:30
菊川さん おはようござい..
by うさぎ at 08:27
kaisenさん、頑張っ..
by sokanomori3 at 08:02
菊川様、おはようございま..
by kaisen at 06:02
poorさん、おはようご..
by sokanomori3 at 04:18
よくぞ言ってくれました。..
by poor at 02:16
早速のお答えありがとうご..
by SHIN at 09:13
SHINさん、おはようご..
by sokanomori3 at 06:05
本文のコメント欄が無かっ..
by SHIN at 07:44
祈り方は、真剣な祈り、御..
by sokanomori3 at 17:42
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori3 at 17:38
非公開の方が私を思ってこ..
by 千早 at 18:57
あはははっ! ★菊川広幸
by sokanomori3 at 10:43
ヤンボーマーボーみたいで..
by 千早 at 09:32

リンク

以前の記事

2021年 11月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア