<   2014年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

創価大学が箱根駅伝へ


☆祝・創大駅伝チーム.


以下に、読売新聞(10月19日)の箱根駅伝予選会の記事を添付します。
b0312424_633490.jpg
写真解説.「中央に大きく創価大学陸上部の3名が走る姿が掲載され、大きな見出しで“創価大一丸で初切符”、サブタイトルに“20年越し、悲願達成”と書かれ、42行に渡る創価大学陸上部に関する記事がつづられている映像です。
創価大学のユニフォームは、青と赤の縦じま模様。首回りは黄色。ユニフォーム正面に白抜きで創価大学の4文字があります。パンツは青色。そのパンツにも小さく白抜きで創価大学と書かれています」


10月18日の夕飯時のこと。
明るい声で、義父から「おめでとう!」と言われた。
創価大学の箱根駅伝出場が決まったからである。(義父は学会員ではない)
「ありがとうございます!こいつは春から縁起がいいや、という気分です!」と応えた。
この結果は、すでに知っていた。当日、午後4時から始まった座談会で、テレビを見ていた壮年部がその内容を語ってくださったからである。
座談会は、この出場決定の話に大いに盛り上がった。

○高まる期待.


嬉しい。まるで、我がことのように嬉しい。
正月休みで、やっぱり見るのが箱根駅伝なのだ。
寒風を切り裂くように疾走する若いランナーたちの勝負は、見てワクワクする。
過去、創価大学から単独で、関東学連選抜の一員で走った選手がいたが、今回は最初から最後まで1つのチームで走る。
正月の楽しみが確定なのだから、ぴょんぴょん跳ねたいぐらいだ。
私は毎年ハーフマラソン大会に参加している。
年々、モチベーションが下がり続けていたが、次のレースはしっかり練習して臨める気がする。1月早々に箱根駅伝を岡山の実家で見て、大いに勇気を頂くつもりだ。
マラソンの過去の記事は、→ここをクリック!

○厳しい現実.

しかし、現実は厳しい。20年がかりで果たした夢であるが、予選最下位なのだ。
注目される中、不甲斐ない走りになるかも知れない。プレッシャーで精神的におかしくなるかも知れないし、走行中に怪我をする選手が出るかも知れない。
読売新聞には、「歴史を作った選手たちだが、予選会1位の神奈川大とは約7分差。シード校が加わる本番では、さらに厳しい戦いが待ち受ける」と書かれていた。
光が強ければ影も濃い。選手は、その恐怖とも戦わなければならない。
あゝ、何だか、当日テレビの前でドキドキするんでしょうね!
でも、ともかく、創価大学の陸上部の皆さま!
どうか、どうか、檜舞台で勝ってくださいね!
創価大学の記事は、→ここをクリック!
周桜の記事は、→ここをクリック!

追伸:箱根駅伝の初日(1月2日)は、池田先生のお誕生日です。
ちなみに、私も私の母も1月生まれです。(^^)
レースの結果は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-10-21 06:15 | 創価ニュース | Comments(10)

東京砂漠


☆戦いと勝負がある。

東京はまるで砂漠のようだ。
その砂漠は、コンクリートと鉄でできている。
林立する高層ビルの向こうに、
狭い空が透けて見える。
森も草原もなく、
多様な生物は存在しない。
時折、人工的に作られた公園に、
ごく限られた生き物がいるだけだ。
ここは死の砂漠‥油断は禁物だ。

○砂漠の都に生きる.


僕が田舎から出てきたばかりの頃、東京は荒涼とした瓦礫の世界だった。
田舎とはまるで違っていた。人はまるでロボットのようだった。
沢山の人間がいるのだけれど、皆、ばらばらに見えた。
心を感じることができず、恐怖すら感じた。
でも、僕は決意した。唇を噛みしめて大都会を睨みつけた。
そして、生きるために適応する努力を開始した
さて、どこに喉を潤す湧水があるのだろうか。
どこに空腹を満たす食べ物があるのだろうか。
地図を片手に、人に聞き、世の中を観察して、その1つ1つを確かめた。
砂漠を歩き回り、岩の山のくぼみに一輪の花を見つけて涙を流した。
砂の中に生きる健気な小動物に勇気をもらったりもした。
棲家(すみか)を転々としながら、足に豆をつくりながら歩いた。
途方もない歳月をかけ、僕は安穏と暮らせる生活を求めさまよった。
いつしか、ばらばらだった人と人とは、苦労した分だけ繋がった。
今、僕はオアシスに住んでいる。
夢と希望を胸に抱きながら生きる僕がいる。

○オアシスへ.

若者よ。新たなる冒険者よ。
今、君は、この砂漠に迷い、砂塵の吹き荒れる丘の上や、
喉を潤すにはもどかしい些細な湧水や、
無味乾燥した味気ない風景に失望しているかもしれない。
けれど、僕が君であったことを知ってほしい。
君の恐怖、君の腹立たしさ‥それは僕の過去の姿。
僕は、最初から今の僕じゃない。
これからの努力次第で、君の未来も勝利の未来にできる。
この大地を緑に変えることすらできる。
君には、仏法という正確無比な幸福への地図がある。
絶対に大丈夫だ。間違いなくオアシスにたどり着ける。
だから、挫けず、諦めず、生き抜くあなたであってください!

過去の砂漠の詩は、→ここをクリック!
別の砂漠の詩は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-10-20 06:23 | ポエム | Comments(0)

創価学会歌 緑の栄冠(歌詞)


☆女子部愛唱歌・緑の栄冠.


○ひらがな訳の歌詞.
1.
あさひに かおる せいしんの わかばの きぎに かぜ そよぐ
あふれる ひかりを みに あびて みどりの えいかん ああ めざしつつ
2.
だいち ゆるがす いかずちの こずえを ふるい みきを うつ
なつの あらしの すぎた しじまに きぼうの にじを ああ あおぎ みん
3.
みのりの あきの たそがれに はゆる けんこん うつりゆく
たかく そびゆる ときわぎは ぐんじゅの らくよう ああ ひくく みん
4.
はくせつの もと ねを ふかく きざむ ねんりん ほがらかに
みどりの えいかん ゆるぎなく りそうの だいじゅに おい たたん. 

○ルビ付き歌詞.

1.
朝日に薫る 清新の 若葉の樹々に 風そよぐ
あふれる光を 身に浴びて 緑の栄冠 ああ めざしつつ
2.
大地ゆるがす 雷(いかずち)の 梢をふるい 樹幹(みき)を打つ
夏の嵐の すぎた静寂(しじま)に 希望の虹を ああ 仰ぎみん
3.
稔りの秋の 黄昏(たそがれ)に 映(は)ゆる乾坤(けんこん) うつりゆく
高くそびゆる 常緑樹(ときわぎ)は 群樹の落葉 ああ 低くみん
4.
白雪のもと 根を深く きざむ年輪 誇らかに
緑の栄冠 ゆるぎなく 理想の大樹に 生(お)いたたん.

○参考資料.

緑の栄冠は、女子学生の有志で作詞作曲された歌である。
1967年(昭和42年)8月に誕生している。
この歌を池田会長が最初に聞かれたのは、翌年(1968年)の5月26日であった。
東京・八王子の創価大学建設予定地で女子学生の代表が合唱した。池田会長は「感銘を深くしました」と語られ、この歌を本部幹部会で歌うように提案された。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-10-19 12:34 | 創価学会歌 | Comments(0)

創価学会歌 今日も元気で(歌詞)


☆婦人部愛唱歌・今日も元気で.

○ルビ付き歌詞.

1.
あかるい朝の 陽(ひ)をあびて
今日も元気に スクラムくんで 闘うわれらの 心意気
うれしい時も かなしい時も かわす言葉は
先生 先生 われらの先生
2.
真昼の太陽 身に受けて
汗にまみれて ペダルもかるく 幸せ求める 幾山河
うれしい時も かなしい時も かわす目と目が
先生 先生 われらの先生
3.
きらめく星を あおぎみて
心に誓う 世紀のいくさ あすへの希望を かぎりなく
うれしい時も かなしい時も かわす笑顔に
先生 先生 われらの先生 先生 先生 われらの先生

○参考資料.

作詞作曲は、渡辺照子氏。
婦人部愛唱歌「今日も元気で」は、1968年(昭和43年)8月に発表された。
合唱団が躍動感あふれる歌声で「今日も元気で」が披露されると、池田先生は「いい歌だ。私が指揮をとろう」と言われ、悠然と舞われた。
この歌は、今や全世界のSGI同志に親しまれている。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-10-19 11:49 | 創価学会歌 | Comments(0)

前略 千早さま (21)


☆寺泊御書のこと。

先日、ひらがな御書の「寺泊御書」をご確認いただき、ありがとうございました。
誤字脱字のご指摘箇所、修正しました。
その寺泊御書は、→ここをクリック!
寺泊御書には、以下の御文がありますね。



1.いっさいせけん あだ おおくして しんじ がたし
 (一切世間 怨 多くして 信じ 難し)
2.あっくして ひんじゅくし しばしば ひんずい せられん
 (悪口して 顰蹙し  数数擯出 せられん)
3.この にゅうどう さどの くにへ おとも なす
 (此の 入道 佐渡の 国へ 御供 為す).



大聖人は、「怨まれ、悪口を言われ、軽蔑(けいべつ)され、そして、二度にわたる流罪を受けて、これから佐渡へまいります」と述べられています。
日蓮大聖人50歳の御時、開目抄(かいもくしょう)を著される5ヵ月前の御書です。
大聖人は、どのようなお気持ちで寺泊に滞在されたのでしょうか。
どのようなご決意でいらっしゃったのでしょうか。
世間から見れば死地に赴くような絶望の島への流罪ですが、大聖人は法華経に書かれた「数数擯出」(たびたびひんずい)が目前であり、まさに「三障四魔と申す障いできたれば賢者はよろこび愚者は退く」(1091)のお気持ちであられたのではないでしょうか。
そのことを思うと、心の底から勇気が湧き起こります。(^^)

さて、寺泊御書は、あなたが最初にひらがな訳を果たされた御書です。
不思議なものですね。そのことが、ひらがな御書ホームページ誕生の切っ掛けとなったのですから。そのあなたのブログは、→ここをクリック!
このひらがな訳がなければ、ひらがな御書もフリーダムもなかった。
運命的な出来事、深いご縁としか言いようがありません。

追伸:寺泊御書にある(中略)は、私が略したものではありません。
御書全集の編纂で省略された箇所です。
御書には○印で表現され、それが中略を意味します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-10-18 06:48 | 前略 千早さま | Comments(5)

筋トレでうつ病予防


☆筋肉がうつ病を予防する.



昨日の毎日新聞夕刊に、「うつ病を予防する」との見出し。
記事の書き手は大学院教授(順天堂大学)であった。
うつ病は専門的にいうなら複雑な病であろうから、予防といっても万能ではないだろうが、それでも「なるほど」と感じる内容だったのでご紹介する。
以下は、夕刊記事の要約である。



スウェーデン・カロリンスカ研究所のレアンドロ・アグデロ博士らの研究チームは、マウスを使った実験で、運動がうつ病の予防になることを証明した。
マウスを騒音環境やフラッシュライトが点滅する環境、昼夜が逆転するストレス環境で5週間飼育すると、食欲が減退し、動きが鈍くなってうつ病のような症状を発症する。
研究チームは、マウスに運動させると、この症状を回避できることに着目した。
運動し、筋肉が増強する物質がうつ病を予防している可能性を探った結果、運動したマウスの筋肉にKATという酵素がたくさん作られていることを見出した。
このKATは、ストレスを受けると増加するキヌレニンという物質(うつ病発症の原因物質の1つ)を解毒させる力がある。



筋肉を鍛えることがストレスへの抵抗力を高めるという。
「体を鍛えると心も強くなる」と言った芸能人がいる。(郷ひろみ)
私はスポーツの汗と共にストレスが抜けると感じていたが、ストレス物質を解毒するとは驚いた。ストレスの多い人たちは積極的に筋トレを取り入れるべきだ。
私自身、冬場にトレーニングをして、2月にハーフマラソンを毎年走るが、寒い時期にいつもモチベーションは高くなる。これは、運動で生成されるKATの影響かもしれない。
スポーツの秋だし、今年も積極的に筋トレをするつもり。
読者の皆さまも、ぜひ、やりましょうね、筋トレ!(^^)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-10-17 06:21 | 健康づくり | Comments(10)

盲導犬がわかる本


☆書籍・Q&A盲導犬.
 著者:松井進 (明石書店)

この本は、盲導犬を知りたい方には良い本だと思います。
このたび、この本の読書感想文を4編の記事にまとめました。
当シリーズは10月11日から15日にかけて作成したものですが、カテゴリ内で読みやすくするために順番を入れ替えました。引き続き、盲導犬の情報は収集してまいります。
シリーズの最初の記事は、→ここをクリック!
盲導犬カテゴリは、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-10-15 21:49 | 盲導犬

Q&A盲導犬


☆盲導犬の幸せを考える.

以下に、書籍「Q&A盲導犬」の表紙写真を添付します。
b0312424_212133100.jpg
写真解説.「黄色の背景に、ハーネス(胴輪)が付いたラブラドール・レトリバーの写真があります。表題のQ&A盲導犬、サブタイトルとして ともに暮らし、ともに歩き、広がる社会と記されています」

「Q&A盲導犬」という書籍がある。
著者である松井進氏ご自身が視覚障がい者であり、盲導犬と生活されている。
この本は、その松井氏が15年間の盲導犬との生活を経て著したもので、全140ページ、78のQ&Aにより盲導犬について詳しく書かれている。
ひらがな御書の共同制作者である千早さんは、一時期、盲導犬と生活されていた。
千早さんに、盲導犬の写真集を見せて頂いたことがある。
その写真集は、→ここをクリック!
盲導犬は、どこから来て、どこに行くのか。盲導犬の幸せとは‥
以下に、シリーズで盲導犬について語ります。

○使命の子犬.

盲導犬の多くは、ラブラドール・レトリバーである。
盲導犬としての使命を果たすには、人に押されて簡単に動いてしまうような小型犬は適さない。危険がある場合、犬が踏み止まって、使用者に教える“大きさ”が必要である。
けれど、大き過ぎると扱いずらい。
そういう点で、ラブラドール・レトリバーが主流となっている。
しかし、すべての訓練犬が盲導犬になれる訳ではない。
落ち着きのない犬、大きな音にパニックを起こす犬、警戒心が強くよく吠える犬は不適正である。こうした問題をクリアした犬だけが訓練を受けて盲導犬になる。
訓練を受けた50%の犬が、盲導犬としてデビューする。

○愛情の中で育つ.

子犬は、盲導犬ボランティアと呼ばれる一般の家庭で愛情を注がれながら育つ。
吠えたり、噛んだりしないように、また、排泄は場所を決めてさせるなどの基本的しつけが施されます。それ以外の訓練はありません。
まずは、愛情をたくさん注ぎ、「人間が好き」で、「人のために働くことが自分の喜び」となるような「感情豊かな犬」に育てるというのが、飼育ボランティアです。
飼育ボランティアの条件は、①家族全員が犬が好き、②空き地、または庭があるお宅、③食費と健康維持費を負担いただく、④他に犬や猫を飼っていない、など。
子犬は、愛情のある家族に囲まれ、クルマに乗ったり、ときには一緒に出掛けたりしながら、社会に適応する基礎を身に付けます。

○盲導犬の一生.


盲導犬は、多くが1歳2ヵ月前後で飼育ボランティアの家族から離れ、候補犬として訓練が始まります。(犬の1歳2ヵ月は、人に譬えると20歳に相当する)
訓練は1年弱。盲導犬としてのデビューは2歳前後となります。
そこから、視覚障がい者の利用者の元で盲導犬として働きます。
仕事は10歳前後まで続き、その後は引退となります。
盲導犬の先進国のアメリカでは、引退年齢は8歳前後。日本はまだ、飼育頭数が少なく、少し、長期間使用される傾向にあります。
引退した盲導犬は、老人ホームや一般家庭に引き取られます。
場合によっては、幼少期に過ごしたボランティアの家で余生を送るケースがあります。

愛情を注がれて人を愛する犬が、やがて、訓練を受けて盲導犬になる。
そして盲導犬としての仕事を果たし、引退して余生を過ごす‥
盲導犬の一生を知り、私は胸が熱くなりました。
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-10-15 21:48 | 盲導犬 | Comments(6)

盲導犬の訓練


☆候補犬から盲導犬へ.

以下に、書籍「Q&A盲動犬」の内表紙写真を添付します。
b0312424_20352813.jpg
写真解説.「白黒の内表紙(うちびょうし)に、Q&A盲動犬・ともに暮らし、ともに歩き、広がる社会と記され、ハーネスを着けて伏せている可愛らしい盲導犬の写真があります」

前回の記事は、→ここをクリック!
1年2ヵ月、飼育ボランティアによって愛情を注がれた犬が、いよいよ盲導犬育成施設に移されます。犬は最初“候補犬”と呼ばれ、施設の訓練士によって育てられます。
歩く手順や座る、伏せるなどの服従訓練、胴輪に取っ手の付いたハーネスと呼ばれる補助具での誘導歩行訓練が行われます。

○訓練内容.

服従訓練では、人の指示に瞬時に従って行動することで、使用者への服従心と行動を教えます。具体的には、座る、伏せる、指示した場所で待機する、呼んだらすぐに使用者の左側に行く、落としたものを拾う、などです。
誘導訓練では、ハーネスを体に着け、段差や分岐点を教えたり、障害物の回避、横断歩道や踏切の渡り、電車やバスの乗り降りなどを教えます。
自在会の千早さんに盲導犬について、以前にお聞きしたのですが、「盲導犬は大変に素晴らしい」とおっしゃっていました。
具体的に何が素晴らしいのかを私は聞いていませんが、この服従訓練、誘導訓練の内容を書籍から知っただけでもスゴイことだと感じます。

○誘導歩行.

では、盲導犬はどのように誘導歩行を行うのでしょうか。
ハーネスを取り付け、ハンドルを持って歩きます。指示は英語で行います。
ゴー、ライト、レフト、ストレート、ストップ、バック、イージー(ゆっくり)、カム(来い)‥
褒め言葉や注意も英語です。グッド、ノー、オーケーなど。
盲導犬は、道の左側を歩くように訓練されます。
犬は色盲なので、信号機の色を判断することはできませんが、盲導犬は分岐点にさしかかると、その場に停止し、そこが交差点であることを判断した場合は、よく耳を澄ませ、周囲のクルマや人の動きに注意を払います。
このとき、使用者が渡れると判断し、歩行を開始しても、犬が危険と判断した時は指示に従わないことがあるとのこと。これを「利口な不服従」と呼びます。
命に及ぶような危険を察知したときは、命令に従いません。
階段の上り下りでは、最初に一段目の段差に足をかけて停止します。このとき、使用者はハーネスのハンドル角度から、大まかな段差の角度を知ります。
使用者は「ブリッジ」と声を出し、段差を確認したことを犬に伝え、階段の最後の箇所に到達した犬は再び最終段に停止します。使用者は、最後の段差を確認し、再び「ブリッジ」と言って盲導犬に終点を確認したことを伝えるのです。
この他、歩行者や自転車、看板やごみ箱などを避けて歩く訓練をします。

○その他.

その役割は単に道先案内だけではありません。
駅の切符販売機の場所、信号機の盲人用ボタンの位置、バス停やエスカレーター、エレベーターの位置までも探し、誘導するのです。
勿論、それは使用者の意志表示から動きます。
駅のプラットホームから電車の出入り誘導、電車の中での待機‥
盲導犬は、仮に足や尻尾を踏まれても、吠えたり騒いだりしないよう訓練されます。
また、お店に行く場合、「ドア」と指示すれば出入口を探して誘導する。
エスカレーターへの誘導については、上り下りの判断は使用者が行い、盲導犬はエスカレーターに一緒に乗って移動します。
盲導犬の驚くべき仕事量に驚かされるばかり‥
感動MAXで、盲導犬をぎゅっとハグしたいです!(^^)
尚、犬には個性があるとのこと。エスカレーターの嫌いな犬は階段に誘導し、怖れない犬はエスカレーターに誘導するようです。
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-10-15 21:46 | 盲導犬 | Comments(0)

盲導犬と暮らす


☆主従の関係を維持する.

身を粉にして主人に仕える盲導犬‥
実際の盲導犬との生活とはどのようなものでしょう。
いつか、実際に盲導犬と暮らしていた千早さんにインタビューしてみたいとは思います(笑)が、まずは書籍「Q&A盲導犬」から、その生活を見てみましょう。

○ビジネス犬.


ハーネスを着けたら仕事、外せばただの犬‥この書籍を読んで感心したのは、盲導犬には「仕事」と「プライベート」がある‥ということでした。
ハーネスを外しているときは自由行動です。
犬は寝ることが好きなので、ほとんど自由時間は寝ているとのこと。
それが、ハーネスを着けた瞬間からビジネスになります。
仕事ですから、甘えは禁物です。
良い仕事をすれば褒められるし、悪い仕事をしたら叱られる。
これは、私の社会人としての生活とまったく同じ。(^^)
読みながら「私は犬と同じか?」と思ったほどです。
自宅ではボーッとしていても、髪を整え仕事着になって家を出ると、私もちゃんとシャキッとなりますよね。けれど、自宅でパジャマになると‥
リラックスタイムです。ボーッとします。同じですね。^^
良い仕事は人生を輝かしく素晴らしいものにしますから、盲導犬のようなビジネスを持った犬は、何もしていない犬の何倍も豊かな犬生になる‥との印象を受けました。
勿論、中には仕事嫌いの犬もいることでしょう。
そういう意味でも、人間と良く似ていますね。

○ギブ&テイク

書籍には、人犬関係(にんけんかんけい)という言葉が使われていました。
ちょっとユーモラスな言葉です。
人と犬の漢字が一緒に並んでいる熟語は、盲導犬の存在の大きさを感じさせられますね。
著者は「盲導犬使用者と犬の関係は、ある意味、ギブ&テイクである」と語っています。
この言葉はビジネスライクな印象がありますが、要するに「主人は犬に、犬は主人に気を使い、緊密なパートナーシップを育む」との意味合です。
与えることと得ること‥これは仕事でも、夫婦でも同じですね。
では、どのようなテイク(犬にとってはギブ)があるのでしょうか。
室内で飼う、雨の日はレインコートを着せる、健康に配慮した食事や水分補給、排泄の世話、歯磨き、爪切り、病気や怪我の介護、清潔を保つこと(シャンプー洗浄・ブラッシング)、そして良い仕事をしたときのご褒美(誉めること)などが著者の掲げているテイクです。
著者は15年間、盲導犬を使っているのですが、人生における大切なパートナーとしての盲導犬をとても大事にしていました。
「これなら盲導犬は幸せだ」と感じました。

○厳格な評価.

良い仕事をすれば褒められる。悪い仕事をすれば叱られる。
その言葉は、「グッド」と「ノー」です。
言葉だけではありません、態度でも毅然と示さなければなりません。
著者は次のように述べています。
「何事もそうですが、ほめると叱るのメリハリが大切です。いつも同じ基準で犬に分かるようなしつけを行ないます。仕事中は、毅然とした態度を取ることが必要です」
そうだろうと思います。
職場もスポーツも、何かの手続きも、全部、合格と不合格があります。それが、できようとできまいと何の評価もされなければ、人間だって良い仕事はしませんよね。
まして一流の仕事をする人は高いハードルの基準がありますし、その基準をクリアしたときには、そのことがしっかりと評価され、大きな達成感にもなります。
そう考えると、厳しい評価の中で仕事を果たせるということは犬にとっても生きがいになっているということでしょう。(^^)

このように考えますと、主人である使用者の指導力が問われそうです。
しっかりとした尊敬される主人でありたいものですね。
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-10-15 21:44 | 盲導犬 | Comments(6)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句散歩
学会活動
功徳を得る信心
未分類

最新のコメント

日々前進さん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 21:56
男子部員ですさん、こんば..
by sokanomori3 at 21:52
毎日楽しく(?)拝見させ..
by 男子部員です。 at 22:53
菊川さん、こんばんは。あ..
by 日々前進 at 19:51
布教拡大さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:48
菊川さん、こんばんは。 ..
by 布教拡大 at 01:21
うさぎさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 22:27
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 22:22
これ以上のコメントは公開..
by sokanomori3 at 22:18
菊川さん 難聴の改善!お..
by うさぎ at 19:10
>何故2000回も連絡し..
by sokanomori3 at 19:08
お返事ありがとうございま..
by ken at 13:24
かつて 「純真だと利用..
by みっちゃん at 10:50
私は創価新報や聖教新聞の..
by sokanomori3 at 05:36
神奈川で凱旋長(B長)を..
by ken at 21:41
菊川さん、こんばんは。 ..
by 正義の言論 at 21:27
お一人様、情報ありがとう..
by sokanomori3 at 21:19
千早さん、ありがとうござ..
by sokanomori3 at 21:18
おめでとうございます! ..
by 千早 at 08:12
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:56

リンク

以前の記事

2019年 11月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア