<   2018年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ひらがな御書へ感謝の声


☆積み重なる戦い.


S氏への往復書簡の7つの封筒の写真を添付します。
b0312424_13011947.jpg

写真解説「返信され帰ってきた封筒と送付前の封筒が7冊積み重なっている写真です」

この写真は、S氏に送ったひらがな訳の原稿です。
これらの原稿は、これからホームページに順次アップされます。
現在、ホームページの収録数は281編になりました。
hiraganagosho.web.fc2.com/b.html
尚、HPに感謝メールが届いていますのでご紹介します。

1.
視覚障害がある女子部です。
私は今年の4月にこのサイトを見つけました。
女子部で御書30編読了運動をしているのですが、私には無理だと思っていました。
そんな時、ひらがな御書に辿り着きました。
ほんとうにありがとうございます。

2.
初めまして※※と申します。
ひらがな読み御書、大変重宝しております。
大変な作業ありがとうございます。
全編読破と意気込みながら読めない漢字が続くとなえて
諦めることが何度あったことでしょう?!
そして皆さんに読めない漢字を尋ねられとても困っていました。
ネットで漢字検索をしている時にこのサイトを発見!
それも漢字とひらがなの両方が書かれているので
御書と照らし合わせて読むときの読みやすさは格別です。
心から感謝致します。ありがとうございます。
必ずや読破します!!



以上、お二人様のメールをご紹介いたしました。
皆さま、ご愛読ありがとうございます。
これからも頑張ります!


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-04-30 06:01 | ひらがな御書 | Comments(4)

風邪を軽視して重病に至るという反省の中で得た教訓


☆風邪をこじらせると大変.


今日は反省も込め療養の中で記します。

まず、私は先週の日曜日、38.9°の高温に襲われた。
sokafree.exblog.jp/28263221/
しかし、日曜日だったということもあり病院に行けず、市販薬だけで休養した。
翌日は、絶対に休めない仕事が入っていたので出社した。
かなり厳しい体調だったが「インフルエンザ」ではないだろうと。
その後も出社は続き、木曜日の夜になった。
帰宅すると体がオカシイ。左耳が聞こえにくい。
「突発性難聴が左耳に起こっている。明日の朝、耳鼻科に行こう」と思った。
私は右耳の聴力を突発性難聴で半分失ってしまった。
もう一つの耳の聴力を失うことはできないとの恐怖感があった。
以下に、右耳の難聴に関する過去記事を示す。
sokafree.exblog.jp/27144512/

私は金曜日の朝、かかりつけの耳鼻科に行き診断を受けた。
この時、前日の夜の難聴がからに改善されていたのだが、それでも聞こえ方が日ごろとちがい、耳にフタをしたような感覚があった。
しかし、検査結果は突発性難聴ではなく、医者は首をひねった。
ありきたりの血流を良くする薬を処方され、そのまま職場に出た。
仕事はハードで、その日、帰宅したのは夜の11時。
かなり咳こみグッタリいる私の姿を見て奥さんが言った。
「明日は病院に行きましょう。市販薬じゃだめなんだから」

その翌日の日曜日、朝起きると、左耳が聞こえず、左目が目やにで一杯になっていました。
9時になるのを待って病院に行くと、医者が私の喉を見て驚くように言った。
「左の喉が膿んでいます。これ、中耳炎になりかけなんですよ」
私が提出した薬手帳を見て、意思は首をひねった。
「どうして耳鼻科でこのことが分からなかったのだろう」
医者が「口の中は確認したのですか?」と言う。
「いいえ、耳だけ見てもらい、口の中は診察されていません」というと、「バカな診察をしやがって」というような顔をして私の症状を語ってくれた。
「喉は耳とつながっているんです。喉から中耳炎になるんですよ。
耳が聞こえないのは耳の中で菌が繁殖しているからです。
ここまでひどくなると抗生物質しかありません」
喉の菌は、耳や目にも移動するのだそうです。

この診察で処方された抗生物質と咳止め、症状緩和の写真を以下に示します。

b0312424_06522276.jpg


その日、一日中、私は寝込みました。
風邪の影響か、薬の影響か、私は終日気持ちが悪く延々と布団にいました。
今も、調子は悪いのです。左耳は聞こえにくく、目やにも出て頭も痛い。
でも、めまいのような症状は治まりつつあります。
救いは食欲が戻ったこと。
昨日は食欲すらわかなかった。
と、こんなことになってしまったのです。
高温が出て、それでも仕事を休まない・・
こういうことを美徳にして生きてきましたが、イケマセンね。
休む時は休む、ちゃんと病院に行く、これ基本です。
私の失敗は、月曜日以降「市販薬」に頼ったこと。
症状が重いのに「そのうち治るだろう」と油断がありました。
まさか、喉が膿んで、耳も目もオカシクなるなんて・・
風邪を引いてタンが出るのは、あれ「膿」なんですね。
免疫力が落ちる年齢です。若くはない。
このことを、これから肝に銘じなければなりません。

この私の問題、皆さまにも教訓としていただければと思います。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-04-29 07:20 | 怪我・病気対策 | Comments(11)

のんびりすることも大事ですよ


☆今日は休息日です.


病院に置いてあった絵本の挿絵の写真を示します。
b0312424_07152738.jpg


先週の日曜日に風邪を引き、まだ治っていません。
仕事もハードで、仕事をしながら治そうとしましたがだめでした。
喉は完全につぶれ、体は弱っています。
昨日は聴覚に問題があり耳鼻科に行きました。
そこに寝込んだ猫のイラストがあって、
「あゝ私も寝こみたいなあ」って羨ましく思いました。
寝こむことも赦されず仕事して・・
昨日の帰宅は夜の11時でした。(笑い)
今日は9時から病院に行って、午前中は安静にしたい。
この土日の予定もキャンセルします。
余力があれば「ひらがな御書」やります。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-04-28 07:22 | つぶやき | Comments(2)

千日尼(せんにちあま)


☆阿仏房の妻の人生.


千日尼(せんにちあま)は、阿仏房の妻です。
最初は「阿仏房尼」でしたが、いつしか「千日尼」と記されるようになりました。
千日とは、大聖人が佐渡に滞在された日数に基づいたと言われています。

佐渡流罪当初、阿仏房は大聖人のもとに食料を届けます。
地頭や念仏者などが昼夜にわたって監視する中、人目を忍び、夜間に運び届けたのです。
この阿仏房を支えたのが千日尼でした。
結果、阿仏房夫妻は住まいを追われます。(1312~1314)
罰金を科せられ、屋敷を取り上げられたのです。
これほどの難を受けながらも夫妻は信心を続けました。
大聖人は、身延からの御手紙で千日尼に「いつの世になっても忘れることはありません」「亡くなった母が佐渡の国に生まれ変わってこられたのでしょうか」(1313)と讃えられています。

やがて身延の大聖人のもとに、阿仏房が訪れます。
佐渡から身延までは20日あまりかかります。
高齢の身の夫に手紙と供養のお金や品を託し千日尼が送り出したのです。
遠く、山海を越えて到着した阿仏房に大聖人は手紙を渡します。
「人は離れてしまえば、心では忘れていなくとも、遠くなってしまうものです。
ところがあなたはこの5年間、佐渡の国から三度も夫を身延の山中に遣わされました。
何というお志でしょう。大地より厚く、大海より深いお志でありましょう」(1314)

千日尼は、同郷の国府尼御前(こうあまごぜん)と共に佐渡の女性門下の中心的存在でした。
大聖人は国府尼御前に「あなたは阿仏房の尼(千日尼)と同心なのだから、二人そろってこの手紙を人に読んでもらって聞きなさい」(1324)と記され、二人が日頃から仲良く励まし合っていたことが伺えます。

大聖人は千日尼に次の御手紙をしたためられています。
「なおいっそう信心に励んでいきなさい。
仏法の道理を人に語ろうとすれば、在家の男女、出家の僧尼など、あらゆる人が憎むであろう。
かりにも憎むなら憎むがよい。(そうのように決意しなさい)
力あるかぎりは、謗法(ほうぼう)を責めていきなさい」(1308)
千日尼の確かな信心が窺い知れる御手紙です。

阿仏房は弘安2年(1279年)3月に亡くなります。
その翌年、千日尼の子息・藤九郎(とうくろう)が遺骨を携えて身延を訪れます。
大聖人は佐渡の地で千日尼への御手紙で次のように語られました。
「故、阿仏房一人を寂光土の浄土に入れることができなければ、諸仏は大苦に堕ちるに違いありません」(1320)
「(子息は)阿仏房の志を継いで立派な法華経の行者になりました」(1322)
「子に過ぎた財はない」(同上)
阿仏房の成仏と子息の成長への歓喜をお伝えになられました。

伝承によると千日尼は乾元(かんげん)元年(1302年)に亡くなったとされます。
大聖人が御入滅された20年後のことでした。

阿仏房の記事URLを以下に添付します。
https://sokafree.exblog.jp/28050271/

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-04-27 05:29 | 御書の登場人物 | Comments(0)

羽生ヘアーにしてみよう!


☆髪のカタチを研究する.


今、私の髪型に変化が生じています。
「73(しちさん)のサラリーマンカットを若者風にしよう!」
そんな気持ちで前髪を少したらしてみたのです。
すると、なんとなく少し可愛らしくなった。
そのことで奥さんと対話した内容を再現いたしましょう。

「前髪をたらしてみたけど、どうかな?」
「たいして変わらない」
「でも、どっちがいいかな?」
「たらした方がいい感じ。一体、どうしたの?」
「年々、老けてくる。年齢とともに若さを作ろうと努力している」
「以前のクルクル(前髪を上に巻いた73)は気合い入っている感じ」
「それって、気合いが入りすぎ? 自己主張が強い?」
「そんなことはないけど、まあ、気合いが入っているかなと」
「そうだ、羽生選手の髪型にしみようかなあ!
 そうしたら、羽生さんの真似してるって言われるかな!」
「誰も気づかないと思う。顔そのものが違うから」
「でも、若さをアピールするなら羽生ヘアーだろう」
「髪型を似せたって、羽生くんにはなれないんだなあ。
 昔、聖子ちゃんカットが流行ったの。
 でも、あれは聖子ちゃんだから似合うのであって、
 聖子ちゃんにはなれないんだなあ」
「ふうん、じゃあ、あなたも聖子ちゃんカットにしたの?」
「しない、しない」
「見切り千両という訳か・・」
「見切り千両って?」
「やる前から似合わないことを見切っているということ。
 その価値は千両に値するってこと」
「私は明菜ファンだった」
「じゃあ、明菜カットにしたの?」
「しない、ショートカット」
「他の人たちは明菜カットしたの?」
「明菜カットはしないよ、みんな。
 男の子だって、郷ひろみの髪にはしないでしょう?」
「そりゃあしない。パーマなんか当てられない」
「西城秀樹のように長髪もしないでしょう?」
「まあ、しないなあ。そうか、そういうことか。
 髪型を似せても明らかなニセモノになるってことか。
 でも、羽生ヘアーにチャレンジしたいなあ」

こんなしょーもない対話をしたのでした。(笑い)
ともかく、一度、羽生ヘアーにしてみたいと思います。
その髪型で「あっ、羽生選手の真似っこ!」と言われるか、それとも何も言われないか、
モテるのか、嫌われるのか。(笑い)
うん、ためしてみよう!^^



髪型は額縁であると教えていただいたことがあります。
以下にその記事URLを以下に添付します。
sokanomori.exblog.jp/16857306/



ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-04-25 23:59 | 私の仕事 | Comments(3)

椎地四郎殿御返事(2018年5月度座談会御書)


☆椎地四郎殿御返事に学ぶ.


(5がつど ざだんかいごしょ しいじしろうどのごへんじに まなぶ)


椎地四郎殿御返事(しいじしろうどのごへんじ)。
2018年5月度大白蓮華(だいびゃくれんげ)に掲載されている椎地四郎殿御返事
(1448ページ)のひらがな文、原文を示し、背景と大意を述べます。

○ひらがな文.


まっぽうには ほけきょうの ぎょうじゃ かならず しゅったいすべし  
ただし だいなん きたりなば ごうじょうの しんじん いよいよ よろこびを なすべし  
ひに たきぎを くわえんに さかんなること なかるべしや  
たいかいへ しゅうる いる されども たいかいは 
かわの みずを かえすこと ありや.

○原文.


末法には 法華経の 行者 必ず 出来すべし  
但し 大難 来りなば 強盛の 信心 弥弥 悦びをなすべし  
火に 薪を くわへんに さかんなる事 なかるべしや  
大海へ 衆流 入る されども 大海は 河の 水を 返す事 ありや.

○背景と大意.


弘長元年(1261年)4月、日蓮大聖人40歳の御時、椎地四郎に与えられた御書です。
法華経には「末法に法華経の行者が出現する」と説かれています。その法華経の行者には、必ず「三類の強敵」(さんるいのごうてき)が競い起るとも書かれています。
三類の強敵を解説する記事URLを以下に示します。
sokanomori.exblog.jp/17921543/

5月度の学習範囲では、「三類の強敵の大難が来たならば、強情な信心でいよいよ悦ぶべできである。譬えるならば日に焚き木を加えると火勢が増す、大海に川の水が流れ込むことで水かさを増すようなものである」と述べられています。

池田先生は「苦難と戦うからこそ、最高の仏の力が出せる。
環境を嘆いても何も変わらない。難を乗り越えて成仏が決定(けつじょう)する。
これが法華経の行者の実践である」と指導されています。

○所感.


創価学会はある意味、世間から批判されやすい宗教と言えるでしょう。
「どれも釈尊の教えだから同じ」とする他宗と違うからです。
「法華経のみが正しい」とする大聖人の仏法は迫害の連続でした。
その方程式は700年後の今もまったく同じです。
日蓮大聖人に極楽寺良観がいたように、池田先生には日顕がいました。
本抄の「いよいよ悦びをなすべし」というけれど、本当は大変です。
弟子の私たちも同じ。ひとたび広宣流布の決意に立てば難はつきものです。
でも、その苦難に耐え、乗り越えるなら・・
そこには間違いなく、人間革命があり、宿命転換があります。
成仏がある、学会精神がある、大幸福があります。

今、聖教新聞には、小説・新人間革命30巻の最終章「誓願」が連載されています。
前作の小説・人間革命12巻と共に、全42巻の小説に徹底的に記されているのは、現代の法華経の行者である創価三代会長(池田先生:戸田先生・牧口先生)とその門下の闘いの歴史です。
学会は、難に遭うごとに大きく、強く、深く成長しました。
私自身の人生も同じ。絶体絶命の苦難に陥るたびに信心根本で乗り越えました。
そのたびの境涯は高まり、幸福は強固なものになりました。
その私の体験記事カテゴリを二つ以下に示します。
https://sokafree.exblog.jp/i8/
https://sokanomori.exblog.jp/i5/
上記URLの体験は大小ありますが、共通しているのは「大きな苦難の中で大きく変われる」「小さい苦難はそれなり」ということです。
大きな苦難でなければ大きく変われませんでした。

今回の座談会での学習範囲に「大難が起ったらなば、強盛の信心でいよいよ悦んでいくのである」とありますが、大難はつらくて厳しいものですが、結果論として大幸福を掴めるという点において「いよいよ悦ばしい」ことでしょう。
私自身、難が来たら喜べるような大境涯になりたいです。
そのためにさらなる信心の深化を果たしたいです。



ひらがな御書の椎地四郎殿御返事の交互文、背景と大意を以下に示します。
hiraganagosho.web.fc2.com/b1448.html
hiraganagosho.web.fc2.com/c1448.html


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-04-25 06:07 | 座談会御書 | Comments(2)

38.9°の高熱に襲われる


☆魔は引き受けます.^^


ポッカレモンの瓶と風邪薬、温度計の写真です。
b0312424_17354589.jpg
b0312424_17342755.jpg

写真解説「布団で寝た状態で天井方向のポッカレモン(奥さんに勝ってきてもらった)を撮影した写真と、市販の風邪薬と38.6°を表示した体温計の写真です」

昨日は、とっても記念すべき素晴らしい日曜日でした。
何と、「いりこ」さんが創価学会に入会されたのです。
折伏は「うさぎ」さんと「千早さん」です。
いりこさんは視覚に障がいがあり、創価の自在会の一員となられた。
その入会勤行会の前日、私はいりこさんに電話した。
「いりこさん、御本尊がご安置されるまで油断禁物なんです。
魔が競うのです。お題目送ります」
こう申し上げていたのでした。

御本尊ご下付の当日、私は地区の唱題会で1時間唱題しました。
それでいよいよ午後3時が迫る時、何だか変なんですね。
喉が痛いし、全身がオカシイのです。
「あれ?風邪かなあ。体温計で確かめるか」
で、体温計がピピピツとなり、見ると・・
38.3°でした。「えっ!?マズくないか、これ」
で、日曜日で病院は休みですし、市販薬飲んで横になった。
やがて体温はさらに上昇し、MAX38.9°に至りました。
奥さんに「ビタミンC入りの飲み物を買ってほしい」とお願いすると・・
何と「キレートレモン(ポッカレモン)で、えー、CCレモンでしょう普通・・」
まあ、水と一緒に飲みました。(笑い)

この日曜の朝も何となく体調がだるかった。
でも約束していた「御本尊に何が書かれているか」の記事をアップした。
その「御本尊記事」を以下に示します。
sokafree.exblog.jp/28261357/

ともあれ、無事に御本尊送りができた。
私、高熱でも嬉しかった。「私が魔を引きつけたんだ」って思った。
いりこさん、うさぎさん、千早さん、誠におめでとうございました!
いりこさん、お互い仏になりましょうね!

追伸:今朝の体温は37°代に落ちました。
なんとか仕事に行けそうです。^^


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-04-23 05:35 | 学会活動 | Comments(6)

日蓮大聖人の御本尊に書かれている内容


☆人法一箇の御本尊様.


日蓮大聖人の御本尊(創価学会の御本尊)には何が書かれているのでしょうか。
以下に、その内容を記して解説いたします。

御本尊は1対2の縦の長方形の中に漢字と梵語で文字が書かれています。
中心に大きな文字で「南無妙法蓮華経 日蓮」とあり、その周囲に様々な十界の衆生、また諸天善神の名が書かれています。
中央の「南無妙法蓮華経、日蓮」は、成仏の根本法である題目と、法華経を完璧に身読(しんどく)された末法の御本仏である日蓮大聖人とが一体となっている御文です。
これを人法一箇(にんぽういっか)、また人法一体ともいい、本尊と人(仏)が一体不二の当体であることを意味しています。

中央の南無妙法蓮華経、日蓮の左右に上から4段で19の名前が記されています
以下にその内容を上位順から列記します。
(先に平仮名文、後に漢字文・解説文でお伝えします)

1だんめ、なむしゃかむにぶつ、なむたほうにょらい、なむじょうぎょうぼさつ、なむむへんぎょうぼさつ、なむじょうぎょうぼさつ、なむあんりゅうぎょうぼさつ。
2だんめ、たいしゃくてんのう、だいぼんてんのう、だいがってんのう、だいろくてんまおう、だいみょうじょうてんのう、だいにちてんのう。
3だんめ、じゅうらせつにょ、きしもじん、でんぎょうだいし、てんだいだいし、はちだいりゅうおう。
4だんめ、はちまんだいぼさつ、てんしょうだいじん。

さらに次の内容が記されています

1だんめ、うくようしゃふくかじゅうごう、にゃくのうらんしゃずはしちぶ。
ちゅうだんさゆう、(梵語で)あいぜんみょうおう、ふどうみょうおう。
よすみ、だいびしゃもんてんのう、だいぞうちょうてんのう、だいじこくてんのう、だいこうもくてんのう。
みぎした、ほとけめつご 2230よねんのあいだ いちえんぶだいのうち みぞうのだいまんだらなり。
ひだりした、にちかん。


一段目、南無釈迦牟尼仏、南無多宝如来、南無上行菩薩、南無無辺行菩薩、南無浄行菩薩、南無安立行菩薩。
二段目、帝釈天王、大梵天王、大月天王、第六天魔王、大明星天王、大日天王。
三段目、十羅刹女、鬼子母神、伝教大師、天台大師、八大龍王。
四段目、八幡大菩薩、天照大神。

一段目左右、有供養者福過十号、若悩乱者頭破七分。
中段左右、(梵語)愛染明王、不動明王。
四隅、大毘沙門天王、大増長天王、大持国天王、大廣目天王。
右下、仏滅後二千二百三十余年之間一閻浮提之内未曽有之大曼荼羅也。
左下、日寛。

南無妙法蓮華経日蓮の光に照らされた形で、左右に十界の衆生が位置しています
さらに、御本尊の一段目の左右に功徳と罰の2つ書かれています。
「有供養者福過十号」「若悩乱者頭破七分」です。
正法を護り供養する者には「福十号に過ぎる」、すなわちあらゆる福徳が与えられる、
正法に有害な働きをするならば「頭を七つに破る」、罰が出るとの意味です。

また、中段の左右に梵語で、愛染明王と不動明王が書かれています。
愛染明王と不動明王は梵語の頭文字で、日本人の私たちには模様にしか見えません。
さらに御本尊の四隅に四天王(大毘沙門天王、大増長天王、大持国天王、大廣目天王)が書かれています。
最下層部分の右下、「仏滅後二千二百三十余年之間一閻浮提之内未曽有之大曼荼羅也」と、左下にこの御本尊を著した日寛上人の名が記されています。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-04-22 06:48 | 勤行 唱題 | Comments(9)

汗水たらして働く覚悟があれば怖くない


☆自らの信念に生きる.


蘊蓄ある言葉が書かれたカレンダー写真を添付します。
b0312424_08082848.jpg

写真解説「自分の良心に従って行動する。これ以上確かな生き方はないと書かれています」

世の中は、弱きを食い物にし、強きに媚びへつらう。
これを畜生という。勝てば修羅。負ければ地獄。
どの人生も褒められたものではない。
さらに勝利を得ても満足を得られなければ餓鬼と同じである。
これら四悪の人々は、無数に見受けられる。

かくいう私、修羅も餓鬼も演じてきた。
27歳にして離婚問題を抱え、地獄へ堕ちた。
このとき、拒食症になりまったく食事がとれなくなった。
ガリガリに痩せて餓鬼界の住人の一人となった。
sokanomori.exblog.jp/15414508/

社会人となれば、まったく理不尽なことにも従わなければならない。
強きに従うことで生活費を稼ぎ、守銭奴になる日々に生きた。
でもそれが嫌で、会社と戦い窓際族になった。
sokanomori.exblog.jp/15414796/
そういうクダラナイ世界に勝とうと努力し、もがいた。

今、定年退職が近くに迫りつつある。
長いものには巻かれ、多くを寛大に許し、丸くなった自分がある。
されどオカシナことは山積していて、スッキリはしない。
人生を納得して生き抜くことは難しい。

私は今、一つ大事なことを言いたい。
それは「汗水たらして働く覚悟があれば何も怖くない」ということ。
人間、楽をしようと思うから怖いのです。
今の安楽を失うことが怖いのです。
だからオカシイことにも従う。良心に従わず悶々と生きる。
オカシイことをオカシイと言えない。卑怯者になったりする。
そう、楽な生活を守りたいという「卑しい心」が問題なんです。
「貧乏が何だ!さあ、汗水たらして働こう!」
その決意に立てるかどうか。

とにかく私は「創価」の信念で生きます。
学会員として、池田先生の弟子として正しく生きます。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-04-21 08:17 | 私の仕事 | Comments(0)

現役顕正会さんへ


☆私は学会を辞めません.


>初めまして。現役顕正会の※※です。
元学会員です。学会は無期限謹慎になり、気がついたらクビになっていました。
そして顕正会に入信しました。 我々顕正会は学会と宗門を中立的に見ています。
さて、本気でそのようなことを言ってらっしゃるのですか?
学会は裁判で8割近く負けているのをご存知ですか?
世界中から名誉を買い漁り、純粋な学会員が騙されていると、浅井先生は心配しておられます。
阿部管長から血脈が無いと主張していますが、実際はその先代から血脈が無いのですよ。
本来は広宣流布の目的は富士の天生ヶ原に国立戒壇を建立することです。
世界広宣流布と主張されていますが、日本国内も達成していないのになぜ世界ですか?
しかも世界ではフランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、オーストリア、チリではカルト認定されているのもご存知ですか?
学会員を折伏の時、いつもこのことを主張しています。
宗門も減ってきていますが、学会も減ってきていますよ。
皆正義に気付き、顕正会に入信しています。
顕正会員はもはや200万近くまでに急成長を遂げています。
ぜひ、『顕正新聞』も読んでいただきたいです。
特に『学会員を救う特集号』は絶対に読んで頂きたいです。
本物の師匠は浅井昭衛先生ただお一人なのです。
これから南海トラフ地震が危ない、と浅井先生は心配されています。
学会は今、池田教になっています。正しいのは顕正会ただ一つです。
ポストに顕正会のポスターが投函されていませんか?
一刻も早く正しい信心をするよう顕正会の本部会館で祈っています。



以上の内容のコメントを頂きました。
過去から、顕正会や日顕宗の人からコメントを頂きます。
でも、私、反応することがほとんどありません。
今回は「丁寧な」文章だったので取り上げることにしました。
上記、内容について何一つ共感することはないのですが、1つだけ申し上げたいのは「学会が池田教になっている」とのご指摘ですが、私は池田教で良いと思っています。
学会員は池田先生が師匠なんです。ただ、池田先生を拝むなんてありませんよ。ありませんが、あなた様が浅井氏を師匠にしているように、私は池田先生を師匠としているのです。
顕正新聞は何度か読みましたが、まったく共感できません。
ポストに入っていたこともあるし、駅で配布されたこともある。
私はこの記事で顕正会を批判しませんが共感できません。

ともかく、私は創価の信心で幸せになりました。
私が学会を辞めて、顕正会に行くことは100%ありません。
以上、そのことだけ、お伝えいたします。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-04-20 06:01 | 創価学会批判 | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句散歩
学会活動
功徳を得る信心
未分類

最新のコメント

この十大弟子の姿を思い浮..
by ゆりこ at 10:13
いくつになっても挑戦する..
by 7610 at 05:22
うさぎさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:24
いつか、自然にそういう気..
by おりがみ at 22:30
本州を越えて九州へ!!菊..
by うさぎ at 17:50
おりがみさん、おはようご..
by sokanomori3 at 05:27
おはようございます(^○..
by おりがみ at 04:36
九州の男子部員さん、こん..
by sokanomori3 at 20:13
仏像を見たくなってきまし..
by 九州の男子部員 at 19:54
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:45
うさぎさん、レオさん、あ..
by sokanomori3 at 08:31
菊川さん、目標達成おめで..
by レオ at 08:18
菊川さん おめでとうござ..
by うさぎ at 07:45
なかなか解説書に出会えな..
by 大変分かりやすかったです。 at 21:23
お疲れ様です。 ビタミ..
by 遊 at 06:05
菊川様、こんばんは。 ..
by kaisen at 20:38
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:22
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:31
7610さん、おはようご..
by sokanomori3 at 05:35
やはり体験発表をすること..
by 7610 at 23:01

リンク

以前の記事

2019年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア