人気ブログランキング | 話題のタグを見る

自宅練習では歯が立たない


☆芸人デビューはいつ.


以下に、自宅で撮影したソプラノウクレレの写真を添付します。
自宅練習では歯が立たない_b0312424_05132537.jpg

写真解説「窓から差し込む曇り空の光がウクレレに当たっている“癒し系”の写真」

私には夢があります。それは「ボランティア芸人」として活動すること。
「今もやってるじゃないか」ですって?

今は、介護職員として働く傍ら、おやつの時間などでほんの少し、
15分前後、ウクレレで歌っているに過ぎません。
私が目指すのは、いろいろな施設を定期的に回って
40分ほどの本格的なコンサートをすること。
そこで、ウクレレの他に、パーカッションなども使い、
かなりプロフェッショナルにやりたいのです。

単独でなくてもいいのです。誰かとコラボしてもいい。
今は仲間はいませんが、パーカッションなど
担当してもらえる仲間がいるといいかも・・

まずは一人ですから、以下のドラムマシンはそろえるつもり。
→sokafree.exblog.jp/31985872/

「発表の機会がないと上達しない」と言われる通り、
家でちょこまか弾くだけではだめで、実際の現場(ステージ)で
弾いて歌わないと、確かに上達はあり得ないのです。

家には他人がいないし、雑音もないし、心も穏やかで演奏に集中できますが、
現場では沢山の人がいてワイワイガヤガヤ、そんな中ですから
度胸と臨機応変さが要求されるし、まして心は「ふわふわ」するのです。
精神が乱れると自宅でやれたことができないし、
ミスもするし、おかしな音も出てしまいます。
やはり現場で場数を踏まないとショボくなるのです。

また、観客から歌に対する反応も分かるし、意外なものが喜ばれたり、
逆に喜ばれなかったりして、やはり現場の実践が
一番、成長に強く影響することになります。

私がウクレレ芸人としてデビューするのは、おそらく65歳からで、
場合によっては、もっと高齢になってからです。
ですから、今のトレーニングは4年、5年の期間を経るので、
「石の上にも三年」以上ですから十分やれると思います。

私は能力は低いですが、「継続」することでひとかどになることを知っていて、
少しずつ積み重ねれば「そこそこになれる」ものなのです。
仕事もそう。スポーツもそう。一例として、介護の仕事が
3年に近づきつつあり、技術がしっかりしてきたし、
マラソンだって、継続すれば42.195㎞も走れるのです。

一歩一歩前進して、できなかったことは過去にありません。
いつか、クルマに機材を積み込み、ステージ衣装を着て
「楽しい夢の時間を提供できたらいいな」と
考えている今日この頃なのです。

私、堀江謙一さんに勇気と希望をいただきました。
その堀江さんの記事を以下に添付します。

→sokafree.exblog.jp/31599116/

83歳でも太平洋単独横断できるのです。
ウクレレボランティア、
できないはずはありません。


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2022-09-22 06:23 | ボランティア芸人 | Comments(2)

91歳の現役介護士の心得


☆入居者全員に声をかける.


きのう、奥さんから「91歳の介護士の番組をやってるよ」と
声を掛けられ、そのTVを見たのでした。
番組名「あなたと共に・細井恵美子さん91歳・介護現場への想い」・・
正社員ではなくパートのようで、仕事は食事の介助など
軽作業が中心ですが、91歳という年齢で週3日、1日6時間半の労働・・
今も現役ですからびっくりしつつ見ました。

元看護師、やがて介護をするようになったようです。

戦後間もないころ看護婦学校を卒業、戦争から引き揚げてきた
負傷した元兵士の看病を体験、やがて総婦長に・・
1972年、まだ仕組みのない時代に訪問看護をし、やがて
介護福祉施設で仕事をされた人のドキュメントでした。

感心したのは、入居者全員に声をかけることを実践していることでした。
反応しない人も、認知症の人も、必ず声をかける・・
対話が成り立たない相手とも対話?をするのです。
その声掛けから、一人一人の心のケア、
また健康状態を探るというのでした。

私は、反応ない人に対し、わざわざ対話することはしなかったし、
する必要もないと考えていました。
認知症の人と話したところで「時間の無駄」だと
思っていたし、笑顔すら作りませんでした。
対話できる人とのみ対話していたのです。
また、対話に消極的な人ともほとんど話しませんでした。

細井さんは「(介護は)対話することから始まる」と言われていました。
「黙っている人は、しゃべっている人以上に感じている」、
対話することで「いつもあなたのことを思っています、
という気持ちが伝わる」と話されていました。
「介護とは、その人の人生を看ること。最後まで、
その人らしく生きていただくこと」とも・・

「しゃべらない人」は「感じていない人」と思っていました。
でも、そうじゃない。ちゃんと見ているし感じてるらしい。
「へえ、なるほど」「そうなんだー」とTVを見ていました。
寄り添い、温かく接し、安心と喜びを与える介護・・

人手不足で時間は限られますが、私もやってみようと思います。
やれるようになったら、きっと何かもっと
輝かしい世界を味わえるかも知れません。

さらに豊かな介護、できたらいいな!


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2022-09-20 05:29 | 介護士への道2022 | Comments(5)

尊敬していた上司の退職②


☆いつか再び会える?


上司から頂いたプレゼント品の写真を以下に添付します。
尊敬していた上司の退職②_b0312424_17171576.jpg
尊敬していた上司の退職②_b0312424_15134549.jpg

写真解説「上写真:ユニット全員へのクッキーの詰め合わせ。下写真:私へのボールベン」

尊敬していた上司の退社で、さよならコンサートをしました。
→sokafree.exblog.jp/32289939/

その上司の最終出社日、上司は全ユニットにプレゼントの品を置き、
清く、美しく挨拶されて去られました。私には特別、
写真のボールペンを下さったのでした。

「立つ鳥跡を濁さず」で、感謝の言葉だけを残しての退職でした。
今後は他の施設に転職され、仕事をするようです。
会社との方向性の違いもあったのでしょう。

これで「さようなら」ですが、わたしが将来「ボランテァ芸人」を
する予定であること、もし、転職先の施設がボランテァを
受け入れる職場なら私がその施設に
行けるかもしれないと話しました。

>※※さん、私、もしかするとボランテァ芸人になるかもですよ。
約束はできませんが、今よりもっと上手になって、
施設回りをすることになったら、会えるかも・・

そんな立ち話をして上司と別れたのでした。

残りは上司が有給消化になるし、もう会うことはできません。
きのうラインが来て「菊川さんらしく頑張ってください」とのこと・・
私は「介護士試験に合格したら報告します!」と返信しました。

また一つ、友情を結ぶことができました。


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2022-09-19 04:28 | 介護士への道2022 | Comments(0)

ボランティア芸人の財産を守る


☆歯肉炎対策を徹底.


以下に、歯肉炎対策の領収書の写真を添付します。
ボランティア芸人の財産を守る_b0312424_11552458.jpg

写真解説「8月25日、再診料56点、処置334点、請求金額2340円が記されている」

二カ月ほど前、歯科医から歯肉炎が指摘されました。
上部の歯が何本か溶けて?危ないと言われたのでした。
以下に、その時の記事を添付します。

→sokafree.exblog.jp/32017556/

現在、歯磨きを強化し、一日に三回歯を磨くようになりました。
歯石を取り、歯茎を消毒する作業を繰り返す予定です。
医師は「長持ちさせるために、歯茎内を洗浄して
消毒する作業を続けるべき」とのこと。

62歳としては平均的な歯の状態でしょうけど、
「ボランティア芸人」を終えるまで、
歯を大切にしようと思うのです。

ウクレレで歌うのに「歯は必需品」でしょう。
入れ歯ではフガフガして歌えませんね。

世の中から見ればボランティアなんて「ささやかな夢」でしょうね。
でも、私としては大真面目に「大きな夢」です。

先日、施設入居者から、中島みゆきの「地上の星」を聞きたい、
歌ってほしいと言われ、バリトンウクレレで歌いました。
バリトンの重厚感のあるサウンドで
入居者は大喜びしてくれました。

「よく弾けるねえ。右と左の手を別々に使えるなんて
不思議だし、素晴らしいわ・・」

最初「手を別々に動かす」という意味が分からず、それが
左手がコード、右手が演奏の意味と分かり、
でもそれは弦楽器としては「当たり前」ですが、
楽器を弾けない人にとっては不思議なことらしい。
意外というか、面白いなーと笑えました。

ウクレレを始めて1年半。かなりしっかり弾けるようになり、
「芸人」としての基礎が身についてきています。

現在、私は「ハワイアン」を歌本に入れています。
以下に、そのハワイアンを添付します。

→youtube.com/watch?v=jSU5sS1AR64
→youtube.com/watch?v=ilQAU7Rq0tE

さすがにハワイアンはウクレレにピッタリです!


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2022-09-18 04:57 | ボランティア芸人 | Comments(0)

尊敬していた上司の退職①


☆最後のコンサート.


以下に、退職する上司に渡したワイン(2本)の写真を添付します。
尊敬していた上司の退職①_b0312424_17574876.jpg
尊敬していた上司の退職①_b0312424_17575033.jpg

写真解説「ゾウの絵のラベルの赤ワインと猫の絵のラベルの白ワインが箱に入っています」

尊敬していた上司が今月退職となり、その上司のユニットで
「さよならコンサート」をしました。

そのコンサートの企画の先日の記事を以下に示します。
→sokafree.exblog.jp/32244726/

企画通り、ピンクのアロハシャツを着て歌いました。

①月の夜は(ハワイアン・つきのよは)、②薔薇色の人生(シャンソン)
③コーヒールンバ、④DANGER ZONE(映画トップガンの曲)
⑤ひとり上手、⑥ちいさな竹の橋の下で(ハワイヤン)

施設のナンバーワン介護士でしたから、その思いを
「トップガン」の歌で表現し、別れの悲しさを
中島みゆきの「ひとり上手」で伝えました。

以下に、トップガンと中島みゆきの二曲を示します。
(以下のひとり上手はカバー曲です)

→youtube.com/watch?v=ryZxHcWgtFY
→youtube.com/watch?v=MDiKhvilnt0

>※※さんはこの施設のナンバーワン介護士ですから、その意味を込めて
トップガンの曲を歌います。トップガンというのは、
最も優秀なパイロットという意味でです。そして、
私の今の気持ちを中島みゆきの曲で歌います。

と言って、中島みゆきの歌の「さよならの海に流れついた」
「私を置いてゆかないで」のフレーズを伝えました。

私は62歳です。仕事を続けたとしてもあと2年半でしかない。
なのに私が施設に残り、年下の上司がいなくなる・・
これはあってはならないストリーなのです。

この上司の元で、私のウクレレ人生が始まりました。
私のウクレレは、そのユニットで生まれ、
そして成長し、今に至るのです。

沢山のことを学び、沢山の支援を受けてきました。

コンサートは入居者の他、看護師も多数見ていました。
ウクレレの技術は当初の頃とは比べ物にならないほど向上していて、
過去に私の演奏を聞いていた入居者の一人が
「上手になっているねえ」とつぶやくのでした。

※入居者は※※さんが退職することは知りません。
勿論、看護師たちは知っています。

何も知らない利用者と退職する上司、そのコンサートを
聞きつけて見学に来た看護師たち・・こうして
さよならコンサートは終わりました。

次の記事は、→ここをクリック!


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2022-09-17 04:07 | 介護士への道2022 | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護