人気ブログランキング | 話題のタグを見る

研究用に安価なバリトンを購入


☆購入価格 6500円.


LLサイズの大きなウクレレの写真を添付します。
研究用に安価なバリトンを購入_b0312424_17493033.jpg
研究用に安価なバリトンを購入_b0312424_17493060.jpg

写真解説「スタンドに立てた“Kmise 30インチバリトン”の全景とボディのアップ写真」

ついに、ウクレレの中で一番大きな「バリトン」を入手しました。
購入動機を書いた過去記事を以下に添付します。

→sokafree.exblog.jp/31990771/

上記事に書いた使用目的で買ったのですが、機種の選定は
「安くて音の良さそうな」6500円のもの。
オーソドックスなスタイルですが、サテン塗装なので
音の響きはいいのでは?と考えました。

購入して、その予想は当たって「音の響きは良好」でした。
でも、購入してから気づいたのですが、鉄弦(巻き弦)が
2本のタイプで、弾くと音が「ボローン」と低音で
安物のギターのようななじめない音でした。

もともと私は、ロー弦(低い音の金属弦)が好みでなく、
今回、買って弾いてみて「やっぱり相性が悪い」ので
「テナー用の弦」に張り替えました。

しかし、やっぱりしっくりこないのです。
「バリトンって、こんなものなの?」という感じ。

ソプラノからテナーまでの普通のウクレレとは違い「別物」という感じ。
4本弦という特徴は同じですが、ネックが1cmも幅広で
ゆえに4本弦の間隔も広く、演奏には馴れが必要だし、
サスティーンが長いので歯切れが悪い。
(良く言えば深みがある音色です)

※ウクレレの音の特徴は「カーン」という音なのですが、
バリトンは「ボローン」という音です。

とにかくここから、「私の理想」に近づけるために
(使える楽器にするために)創意工夫、
試行錯誤をすることになりそうです。

目標は、このバリトンの「ボローン」からの脱却です。
ボローンでは、歌レレに合わないからです。

次の記事は、→ここをクリック!



ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2022-07-23 05:01 | ウクレレ愛好家 | Comments(0)

吉田拓郎が今の自分を作った


☆吉田拓郎(76)の引退.


吉田拓郎「人生を語らず」LPレコードの写真を添付します。
吉田拓郎が今の自分を作った_b0312424_05280546.jpg

写真解説「私が熱狂的ファンだった吉田拓郎のLP。今も自宅にあります」

きのうフジテレビで「ラブラブあいしてる」という番組で、
吉田拓郎の最後のTV出演が行われ、事実上の芸能活動引退となり、
その番組を見ての感想と私の思いをお話します。

拓郎さんは、私が中学・高校時代のスーパースターで、
多くの男子が拓郎に魅了され、ギターを買い求めました。
その一人が私で、数年間、拓郎の曲だけを歌い、
高校の文化祭に出演し、ギターを弾いて歌いました。

脚光を浴びようとか、そういう動機ではなく、只々拓郎が大好きで、
その熱意の発露としてチャンスで歌ったのです。
その時、私は「シンシア」を歌いました。
そのシンシアのyoutubeを以下に添付します。

→youtube.com/watch?v=w-OvwfcmTns

当時、ブルースリーが流行るとみんな真似をしていたように、
(私はブルースリーに憧れはなく、真似しなかった)
私は拓郎をこよなく愛し、ギターを弾いたのです。

あれから45年の歳月が流れ、拓郎は76歳で引退しました。
TV番組では、あまりに明るく、湿っぽさがなく、
引退の番組にはまったく見えませんでした。
「照れ隠し」に、あえて明るく振る舞ったのでしょう。

これはきのうのTVではないですが、引退をほのめかした
7年前のトークyoutubeを以下に添付します。

→youtube.com/watch?v=14JAUlOrvow

今では、拓郎以外の歌手の歌を歌うようになりましたが、
私は以来、60歳になるまで拓郎しか歌わず、
「この人、拓郎しか知らないの?」状態でした。

その拓郎、76歳で引退。私は62歳になりました。
今ではウクレレを弾いて介護施設で歌う私・・

吉田拓郎がいなかったら私はギターを弾かなかったし、
ウクレレを弾くこともなかったでしょう。

今では私、何でも歌います。先日施設で歌った曲を添付します。

→youtube.com/watch?v=hg9cfdT3F3E
→youtube.com/watch?v=tSSdb2enRa

今の持ち歌は250曲ほど、演歌からロックまで歌います。
でも、吉田拓郎の曲は施設で歌っていません。

ともかく吉田拓郎さんには感謝が尽きません。

拓郎さん、ありがとうございました!


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2022-07-22 06:20 | ボランティア芸人 | Comments(0)

私に「二刀流」は似合わない


☆「ギター不要」悟る.


売られていたスタンドと中古ギターの写真を添付します。
私に「二刀流」は似合わない_b0312424_15334979.jpg

リサイクルショップを覗くと、中古ギターが売られていました。
ギターの購入を考えていたので立ち寄りました。
ギタースタンドやアンプなども売られていて、見ると新品同様の
スタンド(900円相当)が300円で売られていました。

バリトン(大きなウクレレ)を買う予定なので、
その300円スタンドを購入しました。

以下に、売られていたアコースティクギターの写真を添付します。

私に「二刀流」は似合わない_b0312424_15335268.jpg


楽器店では買いもしないのに触れないし、眺めていただけですが、
このリサイクルショップは中古なので手にしました。
ギターを触るのは20年ぶり?ぐらいでしょうか。

大きいしずっしり重い。そして6本の弦をアルペジオしてみると、
弦の間隔が狭くうまく弾けません。触ること数分・・
「ギターは弾けない」し「弾かない」、
「一生、買わない」と決意しました。

ウクレレに馴れた私にとって、ギターはあまりに大き過ぎる。
重いし、持ち運ぶだけでも大変だし、物々しい。
「いかにも」という威圧感があるし、
なにより6本の弦は「多過ぎる」のです。

もちろん昔、弾いていましたからトレーニングすれば弾けますが、
私には「二刀流」はプラスにならないです。

先日の「ギター購入の可能性」記事を以下に添付します。
→sokafree.exblog.jp/31991024/

この記事の「いずれにしても、ギターを一本入手することになるでしょう」
という発言を撤回します。ギターは生涯、私には不要です。

私は、ウクレレのボランティア芸人になります。



ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2022-07-20 03:49 | ボランティア芸人 | Comments(0)

おすすめのウクレレカポ


☆カイザー BMU CAPO.


以下に、弾き語り用としてお勧めのカポの写真を添付します。
おすすめのウクレレカポ_b0312424_17321206.jpg

写真解説「クリップ式で、つまみが前にくるタイプ。演奏時に邪魔にならない」

前回、購入したダダリオのカポ Pro PW-CP-12 の記事を示します。
→sokafree.exblog.jp/31807897/

演奏の邪魔にならないカポが欲しいと、ダダリオカポを買ったのですが、
操作性がイマイチで、瞬時に変えられるカポを探していました。
それで、今回購入したのが写真の「カイザーカポ」です。

価格はダダリオカポと同額の2700円。その性能は
「バツグン」に「良い」カポでした。
操作性もよく、演奏の邪魔にもなりません。

これで、私の歌レレ活動の憂いはなくなりました。


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2022-07-19 19:15 | ウクレレ愛好家 | Comments(0)

あまりの小ささに「なんだ?」


☆エイリアンの種(タネ)


わが家の庭に植えられていたニゲラの種の写真を添付します。
あまりの小ささに「なんだ?」_b0312424_17274182.jpg
あまりの小ささに「なんだ?」_b0312424_17274233.jpg

写真解説「観葉植物“ニゲラ”が枯れて、実の中身(黒い種が14粒)を確認した」

先にご紹介したエイリアン「ニゲラ」の記事を以下に添付します。
→sokafree.exblog.jp/31875745/

この植物、喰いつかれたら「逃げられん」ニゲラなのですが、
すっかり枯れ果てて、今は怖くありません。

このほど、500円玉ほどの大きさの実(袋)の中身を確かめたところ
ゴマのような小さな種が14粒入っていました。
実があまりに大きいので、さぞかし大きな何かが
入っていると思ったのですが、ほとんど空洞でした。
そのギャップに驚き、疑問が生まれました。

>なぜこんなに大きな実(袋状の包み)の中に、
こんな小さな種が少量入っているのか。

>この包みは「倉庫」のようなもので、カビなどに
犯されないように種を保管するためか?

ほおずきも袋状になっていて、わが家に吊るされています。
→sokafree.exblog.jp/31381354/

たしか、ほおずきにはプチトマトのような実が入っていたでしょうし、
比べてニゲラはあまりに小さな種で奇妙です。

しかし、こうして小さな種を守っているニゲラは、姿を奇怪にして
(怖そうに似せて)種を守っているのかも知れない・・
そう考えると、恐ろしかったエイリアンが
なんだか可愛く見えてきました(笑い)

今、このニゲラは、ほおずきのように飾りとして
玄関の靴置きの上に置かれています。


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2022-07-19 05:23 | 創価の森の小さな家 | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

やまおさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:43
菊川さんこんにちは。 ..
by やまお at 17:21
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 20:27
ラッキーちゃんにはいつも..
by 千早 at 20:06
キョンシーさん、おはよう..
by sokanomori3 at 04:49
菊川さんご無沙汰してます..
by キョンシー at 22:04
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 06:47
菊川さん、すっごく楽しそ..
by 千早 at 11:00
匿名さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:55
河西宏一議員のTweet..
by 匿名 at 15:05
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori3 at 17:42
いつもさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:04
菊川さん、こんばんは。 ..
by いつも at 19:34
いつもさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 07:11
天翔る人さん、こんにちわ..
by sokanomori3 at 17:01
こんにちは。いつも楽しく..
by 天翔る人 at 10:20
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 20:22
今回の選挙はうつ病の治療..
by kaisen at 19:02
返信ありがとうございます..
by 防災減災 at 20:30
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:51

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護